2015-11-22

2020年までに、あなたのスマートフォンのAppsを忘れなさい。

未来

he Motley Foolは、Siriおよび他のアシスタントは、たぶん、近い未来の私達の生活のずっと多くを管理する。

スマートフォン・ユーザーはそれらのapps.を愛し、ニールセン(Nielsen, U.S.)は、米国消費者は平均26.7アプリを持って、1月ごとに平均37.5時間をそれらに費やす。

しかし、ガートナーは研究会社からの最近のリポートは、2020年を予測し、現在のアップルのSiri、マイクロソフトのコルタナ(Cortana)、およアルファベットのびGoogle Now(Alphabet's Google Now)のように私達のモバイルのインタラクションの半分がバーチャルな個人的なアシスタントを通してされる。

ここで言うために、ガートナー(Gartner)が持っていたものがある。

2020年までに、スマート・エージェントはモバイルのインタラクションで40%を容易にし、ポストアプリ時代を支配しはじめる。

スマート・エージェント・テクノロジー(Smart agent technologies)は、VPAs(virtual personal assistants/バーチャル個人アシスタント)および他のエージェントという形で、テクノロジーが、人々の内容、および文脈についての結論を引くデータモデルを築き、維持するために、クラウドに主催されたニューラルネットワークと連携して、ユーザーのコンテンツと行動を監視する。これらの情報の集まりとモデルを築く努力に基づき、VPAsはユーザーのニーズを予測できて、信頼を築き、ユーザーのために自律的で最終的に作用する。

私達の電話に私達が必要な時に、私達に必要な正確な情報を予測させることは、すでにテーマ主要なテク会社であるスマートフォンに小さい程度で実施した。しかし、それぞれも、それらのVPAsを拡張するために、大きい動きをしている。

これは恐ろしいことで、自分の周りで利益を生むサービスに集中させることを可能にし、同時に他を排除することも可能になる。

つまり、ユーザーの自己意思までコントロールできる。
どんなに大きな会社でもその管理下にいないと、排除される。

どんなことをアップルがしているか
昨年、会社が、タイプにより遠くに飛び込んでいることが発見された時には、アップルはヘッドラインを作った情報を、同様な方法で、Siriの音声認識をずっとスマートにする私達の脳でするマシン学習のニューラルネットワーク(neural networks)で処理するためにコンピュータがアルゴリズムを用いる。

しかし、より最近、アップルは、もう一度Siriを強化できた1握りの取得物を作った。そして、よりスマートなVPAsのガートナーの予測を引き起こしなさい。アップルは10月に、まさに聞き取りと対比されるように、会話から活動的に学ぶAI(artificial intelligence/人工知能)の形を作った自然言語の音声認識会社VocalIQを購入した。
テクノロジーは、単に人が言っているものそれの代わりに誰かが言っていることの後ろの意味を理解しているSiriの能力を押し上げるのに役立っているかもしれない。

アップルは最近、深い学習会社Perceptioも拾った。それは、大規模な量のユーザーデータを収集する必要があらずにアプリにおいてAIが動くことを可能にするシステムを構築した。
Perceptioが、それらが何であるかが言われずにAIが写真を分類することを手助けしたテクノロジーに取り組んでいた。
しかし、テクノロジーは、電話が、特に話されずに新しい何かを学ぶ必要がある他のエリアに適用できた。

その取得物は別として、アップルは、また、NVIDIAから深い学習エキスパートを含んで、最近いくらかあることにした。その上、人工知能において賃借する。もちろん、アップルのAIのうちですべては動かない。Siriにギアを入れるけれども、アップルの収益の63%のiPhoneアカウントを考慮することによって、あなたは、その電話が他のVPAsを負かすことを保証するために会社が働いていることに賭けることができる。

どんなことをアルファベットがしているか
アルファベットのGoogleは、すでに、Google Translateのようにそのアプリのうちのいくつかにおいて処理しているニューラル・ネット(neural net)を実施している。これは、すべて、情報のためのインターネットにアクセスする必要があらずに即座にアプリが言語のイメージを別の言語に翻訳することを可能にする。

同様に、アルファベットのGoogle写真アプリは、アプリのイメージを分類するために、TensorFlowと呼ばれる深い学習システムを用いる。従って、ユーザーは、彼らがずっと速く捜しているイメージを見つけることができる。

しかし、Googleは、パワー写真と翻訳のためにまさに深い学習とニューラル・ネットワークに興味がない:会社は、最もよい何人かの予言者ユーザーが望み、その上になるように、そのAIシステムも使用する。Googleは、現在Googleを通して、その他のアプリGmail、およびオンライン検索と、そして予言的な情報上の申し出からの情報のうちのすべてを重く信頼している。

最近言及されたSearchEngineLandの記事として、「Googleは現在完全にクラウド・ベースである。どのような機器においても、またはどのような点ででも、それが学ぶもの何でもあなたはGoogleとすべて対話する共通のプロフィールをクラウドに入る。」

従って、アルファベットのGoogleは、現在すでにパワーGoogleにクラウドベースの情報を使い、より多くのクラウドベースの神経ネットワーキングとして、あなたへの会社ダイビングが、確信しているGoogleとして、今の予測であるかもしれないので、いっそう良くなると言っている。

ところが、Google Imageには今もポルノは氾濫し、違法のチャイルド・ポルノも見つかる。

先日、友人がGoogleでクラウドを活用した世界展開ができるもの凄いプレゼンテーションをしたが、理解されなかった。
つまり、Google内で知識格差が起こり、無能な社員が増えている。

どんなことをマイクロソフトがしているか
マイクロソフトは、すでに、リアルタイムの会話において種々の言語を翻訳するのに役立っているかもしれない。
そのSkypeアプリを持つニューラル・ネットワーキングを活用していた。
そして、マイクロソフトのバーチャル・アシスタントのカルタナ(Cortana)は、その上、音声認識のための自然なネットワークを使う。

しかし、会社がそのAIフォーカスを拡張し続けることで、今年早く、明らかにされたマイクロソフト研究その深い学習システムが人より良く、1,000の可能なカテゴリー内のイメージのセットを識別することができた。
マイクロソフトの深い学習システムは4.94%の誤り率を持っていた一方、人は5.1%の誤り率を持っていた。

ニューラルネットワークのその使用がアップルとアルファベットマイクロソフトとして拡大せず、ユーザーが学んでいる深みは、よりよい写真分類を持つことができる。結局、会社は、どんな情報ユーザーがそれらのモバイル機器から望んでいるかを推定するために、これらのシステムを使用したい。

マイクロソフトのカルタナは、ものユーザーが尋ねていることを理解し、手助けするために、クラウドベースの情報を用いる。
ユーザーが望んでいるものが、理解していることを手助けするビング検索、Eメール、およびWebブラウズの歴史から引く情報。カルタナによって使うために、マイクロソフト研究の発見で、より多くが置かれるので、そのVPAの能力を拡張することができるユーザーが望んでいるもので、会社は、予測を改良する。

まだの無クリアな勝者
どのプラットフォームがそのニューラル・ネットワーキング専門知識をこの時によりよく拡張しているかを言うことが困難である。ちょうど今、VPAがまだ持ちが良い機能が少し欲しくしているけれども、それらは手伝いユーザーで危険ではない日にわたって物を遂行させる。それでもこれらのテク会社がニューラル処理を追跡し続ける深い学習と、そして他のAIシステムは、たぶんそれらが私達の未来の機器の最も重要な面のうちの1つである。

隣の10億ドルiSecret
世界の最も大きいテク会社は、その最近のイベントであなたに何かを見せることを忘れたけれども、少しのウォール街アナリストとフールは、拍子を守った。
テクノロジーのそれらの真新しいガジェットおよび次の革命に動力を供給している小さい会社がある。そして、私達は、その株価が、早く動くほとんど無限の部屋を持っていると思う投資者を知っている!

記事失念アプリ:2020年までに、これらのテクノロジーは、元来Fool.comに出た。

クリス・ネイガー(Chris Neiger)は、言及されたどのような株にもポジションを全然持っていない。
Motley Foolはそのシェアを所有し、アルファベット(AとCは分担する)とアップルを推奨する。
Motley Foolはマイクロソフトのシェアを所有している。
Motley FoolはガートナーとNvidiaを推奨する。
30日の間私達の愚かなニューズレターサービスのうちの何でも自由に試しなさい。私達はふざけて、同じ意見をすべて保持できるわけではないけれども、私達のすべては、洞察の多様な範囲を考慮することが、私達をより良い投資者にすると信じる。
Motley Foolはディスクロージャー方針を持っていると言っている。

2015-09-29---http://time-az.com/main/detail/52532
2015-09-15---人工知能を持ったセックス・ドールの開発禁止を要求。
2015-09-13---人工知能で置き換えることができない仕事。
2015-09-12---インテリジェント・マシン。現実の世界の中の人工知能。
2015-09-11---人工知能Siriが、ホワイトハウスプレスブリーフィングを中断した瞬間。
2015-09-11---ロボットは、あなたの仕事を奪うか?
2015-09-11---インテリジェントなマシン。人工知能を背景にした真実。
2015-09-09---新しいApple TVは、ゲーム、SiriリモートとAppsで、これまでのテレビを飛び出る!
2015-08-14---カクテル・パーティーを通じて、Siriに聞こえることを手助けする。
2015-04-24---中国での、「Siri」めぐる特許訴訟で、アップルが勝訴。
2014-07-09---アップルはSiri機能に関する中国での特許裁判で敗北。
2014-01-15---Googleは、将来のスマート・ホームのために「Nest」を構築。
2014-01-13---ロボットは我々の仕事を盗むために来る。
2013-12-12---スマートフォンの5つの近未来予測。
2013-10-03---アップルはCue Purchaseの買収で、Siriの反応を良くする。
2013-03-27---アップルはSiriで、特許訴訟に直面。
2013-01-02---未来の技術!もうすぐ登場するニュー・テク新生活。
2012-07-30---台湾の國立成功大學が、Siri特許でアップルを起訴した。
2012-05-23---IBMは、SiriとDropbox、iCloudをセキュリティ上の問題で禁止した。
2012-05-15---アップルのSiriバイアスは、答えが気に入らないと無視する!?
2012-03-08---ドイツのベンツは、「Digital DriveStyle」Appに、人工知能「Siri」を同化!
2011-11-10---「iPhone4S」に搭載されたSiriサービスの声の主は、「私です。」