2015-11-22

保守党大臣は、女主人との密会で納税者に£30,000を請求!

経済犯罪と裁判健康美容と医学の科学

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、脳性麻痺(cerebral palsy)に苦しむ保守党大臣ロバート・ハルフォン(Tory minister Robert Halfon)は、申し立てによると、私的なメンバークラブのイースト・インディア・クラブ(East India Club)で、女主人と『秘密のミーティング』したために、2010年から2014年までに経費として国に£30,000より多く請求したと主張した。

大臣は、彼の障害のため、ウェストミンスター(Westminster)からの代替可能な距離以内の生活にもかかわらず、一夜の宿泊施設を主張することを許される。

デヴォンシャー州イースト・インディアのスポーツと公立学校のクラブは、£1,000の年間料金で、1夜あたりスイートのために£267にかかる。

ロバート・ハルフォンは、先週、恐喝の主張の後に彼のパートナーにおいて彼が不正を行ったと認めていた。それは報告された。
保守党の党補佐官の申し立てによると、ポートフォリオなしで、女性と東インドクラブを去る大臣ロバート・ハルフォンの写真を得たためマーククラーク(Mark Clarke)に恐喝が試みられた。

イギリスの新聞「テレグラフ(Telegraph)」によると、長期一緒であるるけれども、結婚していないロバート・ハルフォンは、5月に事柄を終えた。
彼は、まだ、6ヶ月事柄をカバーしている彼の費用主張の詳細をリリースすることになっている。けれども、サンデー・タイムズに確認された議員のためのスポークスウーマンは、一夜もクラブで問題の女性が泊まらなかった。

その女性と結婚して、介添えとして一緒にリハビリとして行動すれば、こんな問題にならなかったはずである。