2015-11-22

パリ同時多発テロの逃亡者は、ゲイバー、麻薬、プレイステーションを愛した。

宗教犯罪と裁判性とメディア麻薬とメディア

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、パリ同時多発テロの逃亡者は、ゲイとのセックス、麻薬、プレイステーションに興味を持っていたと手配書に書かれていると報告した。

26歳のベルギー人サラーレフ・アブデスラム(Salah Abdeslam)ための国際的な人間狩りとして、ゲイの後援者はブリュッセルで閉鎖し、彼はそこの常連であり、ロンドンのサンデー・タイムズ(The Sunday Times of London)が大酒を飲み、ハッシュの喫煙と、他の人を弄ぶことで知られている教えている。

ゲイの団結は強く、仲間を守る!

他に彼は、ブリュッセル郊外の貧しいモーレンベ−ク(Molenbeek)で彼の殺されたテロリスト兄弟ブレヒム(Brahim)により所有されているバーに行っている長い日の間テレビゲームをしていたことで、知られていたと言った。。

兄弟の味はそれらをありそうにないISIS過激論者にするようである。テロ・グループは、同性愛者を建物からのしばしば投下殺し、ゲイな人またはそれらに死ぬまで投石している。また、アルコールまたは薬の使用を残酷に罰する。

デーリーメール(Daily Mail)によると、サラーレフ・アブデスラムの友人は、逃亡者がSkypedを持っていると言う。最近は、彼の兄弟モハメッドは、レポーターに、彼が、サラーレフを、「ずっと離れていそうではない」と信じると言った。ベルギーの首都で彼が上に穴をあけられうるという疑惑引き起こした。

ブリュッセルは土曜日に厳重警戒に入った。すでに4日目に入った。その地下鉄システム、コンサート、サッカーゲームを破棄または延期すること、およびローカルに、「重大で、差し迫っている」恐怖攻撃の恐怖の中央の群衆が外に滞在するように命じ、シャッターを閉めた。

「私達は脅威について話し、たぶん、支部と爆発物を持ついくつかの個人が、攻撃をいくつかの場所で同時に乗り出させる。」と、チャールズ・ミッシェル首相(Prime Minister Charles Michel)は言った。

調査者はまだパリの大虐殺のサラーレフ・アブデスラムの役割を解決しようとし、130人が殺されて、350人を傷つけた。彼とブラヒムは、最低6人の他の過激論者と、レストラン、コンサート・ホール、および国立スタジアムでの慎重に計画された猛攻撃に参加した。

サラーレフ・アブデスラムは、攻撃、フランスの警察発言において使われた3台の車のうちの2台を借りたかもしれないけれども、彼らは、彼がドライバーとして行動したか、または射手であったかを知らない。
彼らは、彼がパリ郊外で車を捨てたと信じる。彼は翌朝早く、拾われて、保護において今やブリュッセルに2人の共犯者により追い返された。

役員は境界で車を止めて、その人に尋問をしたけれども、それらを行かせた。サラーレフ・アブデスラムは1回消えたて、ブリュッセルに到着した。

共犯者のうちの1人のための弁護士は、サラーレフ・アブデスラムが「大きいジャケットに、たぶん爆弾ベルト」を身に着けて、神経質に動き、当局を容疑者にすることによって、彼がパリでの彼の殺人的な割り当てから手を引いたと言った。

その間、彼がシリアに逃げようとした時に、トルコで、パリ目標を偵察したかもしれないモロッコ人生まれのベルギー人が逮捕されたと、当局は言った。26歳のアフマド・ダーマニ(Ahmad Dahmani)は土曜日に2人の他の容疑者と捕らえられた。

テロリストにインスピレーションを与えたjihadistネットワークを追跡している調査者は、先週警察急襲において殺されたパリ首謀者27歳のベルギー人アブデルハミド・アバウド(Abdelhamid Abaaoud)が、シリアのISIS力に参加するために最低50人のベルギー人を行かせたグループSharia4Belgiumに接触していたと言ったと報告している。。

ブリュッセルの貧困地区モレンベーク(Molenbeek)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
50°51'07.9"N 4°19'49.2"E

2015-11-21---「差し迫った脅威」で、ブリュッセルの地下鉄の全駅閉鎖。
2015-11-19---パリ攻撃の中心人物Abdelhamid Abaaoudは死んだと確認。
2015-11-18---パリ郊外で襲撃事件!首謀者の所在なお確認できず
2014-09-14---ブリュッセルのユダヤ博物館を再開。
2014-05-24---ブリュッセルのユダヤ博物館が、銃撃された!