on-the-time.jp

2015年11月09日

『ゴジラ』 800lbワニはショッピングセンター訪問!

自然

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、目隠しされたワニを輸送するためにトラックに乗せようとする勇敢な女性の映像を公開した。

このワニは、近い小川から現れ、ヒューストン地区のショッピングセンター(Houston-area shopping center)をうろついた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

勇敢な女性を見つめる、へっぴり腰の保安官は、腰の拳銃をいつでも抜けるように監視した。

このゴジラは、土曜日に、仕事のためにSugar Landのセンターに到着している人々に発見された。それは、彼が近い小川から上り、プラザをうろついたと考えられる。

勇敢な女性のクリスティ・クロボス(Christy Kroboth)は「迷惑ワニ仕掛け人」として州によりライセンスされている。彼女は、ゴジラを捕まえ、向こうにカートで運ぶために呼ばれた。

彼女がトラックに彼をロードするために、フォークリフトがホームデポから借りた。

クリスティ・クロボスは、ゴジラが一方の目が盲目で、他に部分的な視界だけを持っていると言った。彼は彼の安全のための施設に連れて行かれた。

私は、こんな『ゴジラ』 が住む町には住めない。

へっぴり腰の保安官より、へっぴり腰!

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。