on-the-time.jp

2015年11月09日

フランス公共交通で、痴漢行為や冷やかしなど、セクハラ撲滅運動!

性とメディア

AFPは2015年11月10日に、フランス政府は2015年11月09日に、女性が公共交通機関で日常的に体験する粗野な言葉や痴漢行為、性的暴力を撲滅するための意識向上キャンペーンを開始したと報告した。

全国のバスや鉄道、地下鉄の駅に掲示されたポスターは、架空の地下鉄の駅を舞台にしたもので、こんなせりふが載っている。「こんにちはマドモアゼル。君はかわいいね。もっと知り合おうよ。そのミニスカートは僕のため?」

せりふは次第に過激になっていく。「おまえってセクシーだな、興奮するぜ。何とか言えよ、アバズレ」。そして「いいかげんにして、もうたくさん」

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

政府の狙いは、セクシャルハラスメントに関する意識を高めることにある。セクハラは世界的な問題で、米国のニューヨーク(New York)からイギリスのロンドン(London)までさまざまな大都市で同様のキャンペーンが行われている。

ポスターの下には「女性の日常生活がこんな風であってはならない」と書かれている。

女性には、セクハラ行為への対処法について助言も行われている。他の乗客にスマートフォンから顔を上げ、女性が巻き込まれている問題に介入するよう促したり、痴漢行為を働いた相手に対して刑務所で5年間過ごす可能性もあることを思い出させたりすることなどである。

フランス女性権利省は声明で「目的は全員に(セクハラに)対抗する技を与えること。それから女性への性的な攻撃が矮小化されることがないよう、行動を改めさせることにある」と述べている。

フランスでは女性の権利運動の活動家たちが政府に働き掛けた結果、地下鉄や路上でのセクハラを標的とした撲滅キャンペーンが昨年から、Twitterなどのソーシャルメディアも活用しつつ立ち上がっている。

マリソル・トゥーレーヌ(Marisol Touraine)女性権利相の指示で行われた4月の調査結果によると、聞き取りを行った女性600人全員が、人生のある時期に公共交通機関でセクハラを受けたことがあると回答した。

セクハラに立ち向かう際の一つの障害は、女性を強引に誘おうとする態度が、多くの人々に軽い口説きのようにみなされ、冷やかしの言葉や口笛が笑って片づけられているという現実であった。

活動家グループ「Osez le féminisme(恐れずにフェミニスト)」のメンバーで、地下鉄のセクハラ防止運動を始めたリマ・アチュトゥク(Rima Achtouk)によれば、女性側に相手にする気がなく、そのことを完全に分かっているのに続ければセクハラである。

リマ・アチュトゥクは、フランスではセクハラがひどすぎ、普通のことだとみなされるようになっていたという。「セクハラは些細なこととされ、完全に黙認されていた。セクハラに直面したときに対抗するのは、被害者にとっても目撃者にとっても、非常に難しい」と言った。

ポスターの中には、日本では公開できないものもあるが、それは国民性に感覚的な違いである。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト