2015年11月09日

共和党のドナルド・トランプはスターバックスの赤カップ・ボイコットを提案。

政治食品

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、コーヒー巨人スターバックス(Starbucks)が、今年の11月と12月に、コーヒー、ティ、および味つけされた飲み物を出す簡単なカップとして、まさに赤いカップを選択したことで、何人かのクリスチャンは、どれを主張するかで、クリスマスの最後の断片的な残りの年を最もすばらしい時間から絞り出している現世の会社である。

ドナルド・トランプ(Donald Trump)は、マンハッタンの彼の肖像トランプタワー(Trump Tower in Manhattan)のスターバックス・コーヒーショップを主催する。ドナルド・トランプは、それらのつぶれる貸付金借金を清算する仕事を検索して、出荷された海外および傷つける大学生の仕事について、大言壮語の中央で議論を出した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

クリスチャンは、スターバックスが『removed Christmas from their cups because they hate Jesus(それらのカップからの、取り除かれたクリスマスで、彼らがイエスを憎悪している。)』と、ウイルスのFacebookビデオと言う。

「あなたはスターバックスについて読んだか?」ドナルド・トランプは、月曜日の夕方コンベンションセンターでラリーの間に約10,200の群衆に、「もう、スターバックスの『メリー・クリスマス』は、いらない。」を要求した。

群衆は騒々しくやじった。

「たぶん、私達はスターバックスをボイコットするべきである。」と、 ドナルド・トランプは言い、群衆に、会社が彼のテナントであることを思い出させていた。「私は知らない。ひどく。私は気にしない。方法によって、それはそのリースの終わりである。しかし、誰が気にするか?誰が気にするか?誰が気にするか?」

ドナルド・トランプは、その時この約束によって群衆に当たった。「もし私が大統領になるなら、私達は、すべてが再び『メリー・クリスマス』を言おうとしている。私はあなたに話すことができる。私はあなたに話すことができる!信じられない。」

政治家や有名人が話した言葉を機械翻訳すると、もの凄く面白いことが起こり、びっくりする。

きれいに訳せる人は、口語でもかなり文法を意識している。
ぐちゃぐちゃになる人は、口語で文法を意識していない。

それから判ることは、論理的な会話ができる人であるかどうかであり、思いつきで言葉を羅列している人は、機械翻訳で内容がぐちゃぐちゃになる傾向がある。

もちろん、機械翻訳のツールの品質も影響してくる。

私は1970年代から、機械翻訳のツールを見てきたが、この結果を知らなかった。

トランプタワー(Trump Tower in Manhattan)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
40°45'44.5"N 73°58'26.4"W

2015-11-09---スターバックスの新しい赤いクリスマスカップで、政治家誤解!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。