on-the-time.jp

2015年11月09日

TAG HEUERが腕時計型端末「タグ・ホイヤー・コネクテッド」を発売。

モバイル・マネー

日本経済新聞 電子版は2015年11月10日に、スイスの高級腕時計メーカーのタグ・ホイヤー(TAG HEUER)は2015年11月09日に、米国のインテル(Intel)、グーグル(Google)のAndroid Wearの2社と提携して開発した同社で初めての腕時計型端末「タグ・ホイヤー・コネクテッド(TAG HEUER CONNECTED WATCH)」を発表し、販売し始めたと報告した。

価格はUS$1500(約18万5千円)で、低価格パソコンより高い。

最も、Apple Watchの高級モデルよりは安い。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

そこで、日刊工業新聞のnewswitchは、LVMHウォッチ部門社長でタグホイヤーのジャン・クロード・ビバーCEOは、「US$2000以上のコネクテッド・デバイスは大きな問題がある」と強調し、「5年や10年で時代遅れになる1万-2万ドルの腕時計を誰が買うんだ?」と、Apple Watchに対し、敵意をあらわにしていると紹介している。

ケースはチタン、リストバンドはゴム製で、タグ・ホイヤーの人気モデル「カレラ」と同じデザインを採用した。
表面は直径46mmで一般的な腕時計としては大きめである。文字盤に該当する液晶表示のデザインは購入時で3種類を準備し、後に追加できるようにした。

2年間の保証期間を終えた後に、追加でUS$1500を払うと同じデザインの機械式腕時計と交換できるサービスを設けた。「コネクテッド」を購入した人だけが入手できる限定モデルで、高級品ならではの希少性を演出する狙いがあると報告した。

アンドロイドウェアのスマートウォッチを手がけるのは、LG、モトローラ、エイスース、ソニー、ファーウェイ、サムスンに続いて7番目になる。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。