gaYa広告

2015年11月09日

TAG HEUERが腕時計型端末「タグ・ホイヤー・コネクテッド」を発売。

モバイル・マネー

日本経済新聞 電子版は2015年11月10日に、スイスの高級腕時計メーカーのタグ・ホイヤー(TAG HEUER)は2015年11月09日に、米国のインテル(Intel)、グーグル(Google)のAndroid Wearの2社と提携して開発した同社で初めての腕時計型端末「タグ・ホイヤー・コネクテッド(TAG HEUER CONNECTED WATCH)」を発表し、販売し始めたと報告した。

価格はUS$1500(約18万5千円)で、低価格パソコンより高い。

最も、Apple Watchの高級モデルよりは安い。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

そこで、日刊工業新聞のnewswitchは、LVMHウォッチ部門社長でタグホイヤーのジャン・クロード・ビバーCEOは、「US$2000以上のコネクテッド・デバイスは大きな問題がある」と強調し、「5年や10年で時代遅れになる1万-2万ドルの腕時計を誰が買うんだ?」と、Apple Watchに対し、敵意をあらわにしていると紹介している。

ケースはチタン、リストバンドはゴム製で、タグ・ホイヤーの人気モデル「カレラ」と同じデザインを採用した。
表面は直径46mmで一般的な腕時計としては大きめである。文字盤に該当する液晶表示のデザインは購入時で3種類を準備し、後に追加できるようにした。

2年間の保証期間を終えた後に、追加でUS$1500を払うと同じデザインの機械式腕時計と交換できるサービスを設けた。「コネクテッド」を購入した人だけが入手できる限定モデルで、高級品ならではの希少性を演出する狙いがあると報告した。

アンドロイドウェアのスマートウォッチを手がけるのは、LG、モトローラ、エイスース、ソニー、ファーウェイ、サムスンに続いて7番目になる。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。