on-the-time.jp

2015-11-09

米国の高校生100人が、「セクスティング」に関与。

性とメディア

AFPは、マリファナを合法化しているコロラド(Colorado)州の高校で、性的な画像をスマートフォンなどで交換し、ソーシャル・メディアに投稿する「セクスティング(Sexting)」と呼ばれる行為に、少なくとも高校生100人が関わっていたことが分かったと、米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」が2015年11月06日に報じたと報告した。

「ニューヨーク・タイムズ」によると、画像には12歳の子どもや中学生たちのものも含まれていた。

[AD] You can advertise on this site.

「セクスティング」に関わった生徒たちの多くは、キャノン・シティー高校(Canon City High School)のアメリカンフットボール部に所属しており、今後刑事責任を問われる可能性もある。
生徒たちは最大400枚のわいせつ画像を流していたと伝えている。

高校がある学区は、匿名の情報や生徒からの報告によって、2015年11月02日に行為について初めて把握したと述べるとともに、自身で局部を撮影し、その画像を他の人に送信することは重罪に当たると強調した。
さらにそうした画像を受信し、他の人に転送したり、所有していることに対しても同様に犯罪性が問われることとなるとした。

「ニューヨーク・タイムズ」によると、警察や地方検事局は、行為に関与した一部の生徒たちを、児童ポルノに関する罪で起訴するかどうか検討しているといっている。また、高校がある学区によると、警察は大人の関与の有無に捜査の焦点を当てているといっている。

キャノン・シティー高校(Canon City High School)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
38°26'46.1"N 105°13'47.5"W

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE