gaYa広告

2015年11月09日

スターバックスの新しい赤いクリスマスカップで、政治家誤解!

政治食品

日本でも、スターバックスがこの新しい赤いクリスマスカップを採用するかどうかは明らかではないが。イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イギリスに保守党議員は、コーヒー巨人スターバックス(Starbucks)の新しい赤い飲み物カップが、「政治的に不適切(political correctness gone mad)」であると主張したと報告した。

イギリスを始め、ヨーロッパで政治家は、病的に『赤』を嫌う!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

コーヒーチェーンは、一時的に冬の期間、それが、「年末のホリデーシーズン」に平易な赤いカップを採用したと伝えている。

しかし、デイビッド・アメス卿(Sir David Amess)は、ブリートバート・ロンドン(Brietbart London)のWebサイトに、ミニマリスト・デザイン(minimalistic design)が「全くの狂気(utter madness)」であり、それを考え出した人は「袋詰めされる(sacked)」べきであると言った。

「私は、これが、発狂していてなる政治的に不適切の例であると思う。まわりのクリスマスは何であるか?それはクリスト-マスである。(I do think this is an example of political correctness gone mad. What is Christmas about? It’s CHRIST-Mass,)」と、彼は言った。

「これは全くの狂気である。これを考案した馬鹿は誰であったか?彼は解雇されるべきである!(This is utter madness. Who was the idiot who thought this up? He should be sacked!)」

別の保守党議員デイビッド・ブロネス(Another Conservative MP, David Burrowes)は、「政治的なにおいが好きである(smells like political correctness)」というデザインも同じWebサイトに教えた。

議員は言う。彼らは、カップのデザインがクリスマスまたはキリスト教のシンボルの直接的な参照を含まないことに怒っている。

イギリス全体で500を超えるアウトレットを持っているスターバックスは、前の年が雪だるま、星、および他のシンボルを特徴とするデザインを採用している。

今年、それは、ミニマリスト的(minimalistic)な赤いカップを採用すると決めた。

デザインとコンテンツのスターバックス副社長ジェフリーフィールド(Jeffrey Fields, Starbucks vice president of Design and Content)は新しいカップデザインで「スターバックスは休日の間に聖域の場所になった。

「私達はシンプルさおよびそれの静けさを抱擁している。それはホリデイシーズンためのより無防備な方法である。」と言った。

毎年、デザインを買えてきたようだが、今年は真っ赤にして、政治家が不機嫌になった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告