gaYa広告

2015年11月03日

軌道で、衛星の修理を補助するロボットの目。

宇宙

NASAは、遠い軌道のサービスと修理衛星テクノロジーを開発し、実演すると報告した。

このロボットの宇宙船は、たぶんジョイスティックで地上の専門家により操作された衛星の修理を補助するロボットの目は、 低く地球の周回を回るハッブル宇宙望遠鏡のような宇宙船のためのケースで、ロボットと他の専門的なツールを使って人間ではなく、実地の工作を運び出す。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この写真は、未来にサービスしているであろう衛星のために使われえたツールのうちの1つを密接に見る:VIPIR(Visual Inspection Poseable Invertebrate Robot/目視検査Poseable無脊椎動物ロボット)で、電動化された秒を装備されるロボット、連結ボアスコープ、変則のトラブルシューティングをするために、ロボットの目が必要で、微小流星体を調査する任務オペレータを助けるズームレンズカメラで、遠隔操作の衛星修理の仕事を実行する。

NASAは今年早くVIPIRの機能を首尾よく示した。

VIPIRは、今やISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)に乗るその軌道オンデモンストレーションの2番目のフェーズにおいてNASAのRRM(Robotic Refueling Mission/ロボット燃料補給任務)で使われる。

RRMがカナダ宇宙機関(Canadian Space Agency)の2つのロボット・アームの雑用夫(handyman)Dextreを武装させ、どのように未来のロボットが宇宙での衛星をサービスできて、燃料を再補給するかを示すために使っている。

RRMの3番目のフェーズの間に、NASAのゴダード宇宙飛行センターの衛星サービス機能オフィスチーム(the Satellite Servicing Capabilities Office team at NASA's Goddard Space Flight Center)は、キセノン、イオンエンジンに動力を供給するのに潜在的に有益で無色の高密度貴ガス(dense noble gas)の転送を示すことを計画している。

Image Credit: NASA/Chris Gunn

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。