gaYa広告

2015年11月03日

その男は、最後のチキンを取って食べたために刺し殺された。

食品教育

日本には、食い物の恨みは怖いという諺があるが、米国の雑誌「TIME」は、ヒューストンでディナーに出されたチキンの最後の断片を取ったためめに、その人を刺し殺して、逮捕されたと報告した。

昔は、最後の一つは怨念が残るので、遠慮の塊として残し、皿を引いた後に、こそりと福が来ると言って台所で食べたものであった。

テキサスCBS系列会社KHOUニュースによると、34歳のダーウィン・ペレス・ゴンザレス(Darwin Perez Gonzalez)は、ディナーで彼が友人とチキンの最後の断片を取った。その時に始まった戦いで、刺されて殺された。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

38歳のレイナルド・カルドーゾ・リベラ(Reinaldo Cardoso Rivera)は、伝えられるところでは、もうチキンがなかったことに怒り、その不一致は駐車場のげんこつでの殴り合いにエスカレートした。リベラは申し立てによるとゴンザレスを突き刺し、逃げて、そして、現場に戻り、何が起こるかを警察に自供した。

ABCニュースによると、リベラは警察保護にいて、殺人を起訴された。彼が弁護士を持っているかどうかにかかわらず、まだすべてが明白ではないと報告している。

最後に残ったものを食うときは、殺されるかもしれないと、覚悟すべきである。

そう言えば、大阪の友人と、大阪で鴨鍋屋に行って、一つしかない肝を友人が、さっとつまんで食ったときには、私も殺してやろうかと思った!

さらにその料金を俺に払わせた!

鴨鍋屋で、肝を食べた人が、お金を払うというルールが絶対に必要である。

それ以来、その友人とは会っていない。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。