on-the-time.jp

2015年11月03日

イギリスは、現実へのより近いステップとして、暗号化を禁止。

戦争と平和モバイル・マネー銀行美容と医学の科学犯罪と裁判

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、イギリスのデイビッドキャメロン首相(British Prime Minister David Cameron)が、デジタルのプライバシーを本質的に禁止し、彼の約束においてやり抜くことにより近いように見えると報告した。

テロリストと犯罪者から市民を保護することを装うテキストチャットなどの個人的なデータを暗号解読するためのイギリス政府の方法を与えることを、アップル、Google、および他のテクノロジー会社に強制するようにデザインされた水曜日の新しい提案された法律が初公開されることが期待されている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

要件は調査能力法案の一部である。
それのために、需要会社は、違った形で安全な通信であるものを暗号解読しているシステムを含む。

それは、テキストとビデオチャット、Eメールを含み、私達は、私達のコンピュータとスマートフォンにおいて他に何でも暗号化によってする。

アップルのために、それは、イギリスの政府が、私達のiMessageチャット、FaceTime会話、および私達が私達のiPhoneをロックする時に暗号化した他のデータにアクセスできることを予定することを意味している。

キャメロン首相は、議会と一般大衆に、電信による法案をサポートすること発言し、「ただ私が人々に言う総理大臣として、通信するために私達が、テロリスト、犯罪者、子供誘拐犯に、安全なスペースを与える状況をなくすようにしよう。」と強制している。

いつも、私達のコンピュータとスマートフォンへの政府裏口のための標準の議論がテロと犯罪者から私達を保護することに後退すること、およびまた児童の保護。

悪い行為者に、完全なプライバシーと通信するための方法を与えることによって、彼らが、保証し、私達の都市が爆撃されると言うことと私達の家が捜し回ったこと、ファミリーメンバーが殺したこと、および誘拐された私達の子供。

公平に見て、ちょうどそれらがスマートフォンの前にあったので、それらのシナリオのうちのすべては可能である。

私達の暗号化された会話への与える政府アクセスは、いくつかの犯罪の行為を防止したか、または容疑者を突きとめるのに役立っているかもしれないけれども、会社がこれらのデジタルの裏口方法を作成するというそれらの要求は、誰でも私達の個人的なデータにアクセスできる。

開いているセキュリティホールは選択的ではない。
彼らが止めようとしているテロリストだけでなく、政府と犯罪者は、私達の密談とデータを見るために、同じ弱さを用いることができる。

私達の会話を暗号解読するための方法を提供することをアップルおよび他の会社に強制することにより、別の問題が提出される。

どのように、適応させるために、それらの製品を変更するか。それを法律になる法案はするべきであるか。

アップルのケースにおいて、それは、たぶん、全体のセキュリティを減らすためにiOS9のコアを根本的に再加工することを意味し、サービスのためのバックエンドのインフラストラクチャーでの大規模な変化は、FaceTimeとメッセージのようである。

アップルは、そのオペレーティングシステムとサービスの基礎の一部として、セキュリティとプライバシーを含み、それを変更することは、それを捨てて、最初からやり直すことに同等視する。

アップルは断り、イギリスのiPhoneを売るのをやめることができたけれども、それはリアルなオプションではない。

会社は株主代表訴訟に直面し、販売のセット先行するアップルを終えることは、現実においてやり抜くことができない。イギリスがその法律を承認すると仮定し、他の国は、米国と中国を含んで続く。

アップルは、その一番上の市場の製品を売るのを単にやめることができず、残存することを予定することができる。

本質的には、イギリスが、暗号化の幻覚だけによって当社を去る法律を提案し、効果的な暗号化を禁止している私達の最もよい興味を提供しないか、プライバシーを保護するか、またはセキュリティを促進させることになる。

大きな賭である。
確かに、暗号化は重要なテーマであるが、FacebookやTwitterを使っている人に、プライバシー感覚をまったく感じない。

プライバシー感覚を持っているのは、専門家と政府、テロリストであるが、同時にモバイル・マネーという環境では、なくてはならない。

モバイル・マネーまで、放棄するのか?

お金の交換を外部から見ることができて、お金の安全性は、どう管理するのか?

少し短絡的すぎる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告