2015年11月03日

南アフリカの警察が、武装解除した犯人を蹴り、撃ち殺した。

犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、南アフリカの警察がクルーガーズドルプ(Krugersdorp)で、武装解除人したKhulekani Mpanzaを蹴り、撃ち殺す映像がCCTVのビデオで明らかになったと報告した。

南アフリカの新聞サンデー・タイムズ(Sunday Times)により得られた衝撃的なCCTV映像において、すでに彼が武装解除されていた後に警察が容疑者を蹴り、致命的に撃つのが見られた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

南アフリカのメディアは容疑者をKhulekani Mpanzaと認定し、武装した強奪を試みる間に、より早く彼が警察に発砲したと伝えていた。

警察官は、場面から、彼を、ヨハネスブルク(Johannesburg)の西クルーガーズドルプの舗道で彼が殺されたポイントに追った。

警告:このビデオは、いくつかの読者が悲惨と気付くかもしれない場面がある。

殺人調査は、彼が傷つけられて横になるとMpanza複数回撃つので告発された警官に対してスタートされた。
ビデオにおいて、試みられた強奪において使われた銃は、Mpanzaがグラウンドから届く範囲の外にあったのが見られる。

ユニットの他のメンバーは、銃撃を止めることまたは死にかけている人を補助することに失敗するためのIpid(Independent Police Investigative Directorate/独立警察調査指導者職)からの行動にも直面しているかもしれないだけでなく、彼の後で容疑者を蹴った巡査部長は撃ったた。

サンデー・タイムズによると、32歳のKhulekani Mpanzaは、10月19日の午後のクルーガーズドルプ郊外のハードウェア店ルーイシャム(Lewisham)で強奪を試みた。

ヨハネスブルクの郊外は、かなり治安が悪いと聞いていたが、今回は警察も許されないことだろう。

治安のわるいところでは、殺されたくなかったら、逃げにで無防備になり、地に伏せる。
それでも、運が悪いと殺される。

クルーガーズドルプ(Krugersdorp)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
26°05'46.8"S 27°48'27.7"E

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。