2015年11月03日

獣医のサイモン・トフィールの猫物語「サイモンの猫(Simon's Cat)」。

自然

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、獣医のサイモン・トフィール(Simon Tofield)が時間の圧ときに描いた絵を彼の新しい本として、彼の好きな漫画のうちのいくつかを通じて、私達を論じる「サイモンの猫(Simon's Cat)」を出版したと報告した。

この本は、どのように作ったかをビデオで紹介している。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

このギャラリーでは、新しい本「サイモンの猫」からイギリスの新聞「ガーディアン」のために、サイモン・トフィールが選んで、共有している。

サイモン・トフィールは、9歳の時に最初の猫を与えられた。4匹の救助猫であったそれは、サイモン・トフィールの仕事のためのたくさんのいたずらなインスピレーションを与えた!

この漫画は、本と獣医と、猫の冒険を強調することについて, 色セクションからの楽しみであった。
色を文字と背景に追加することが、サイモン・トフィールにチャンスを与えると言っている。

サイモン・トフィールは、ずっと前に、猫を白くしておくと決めた。なぜなら、彼は簡単な黒白映画で作成されたからである。そして、それは、また、着色された背景の外で彼が輝くことを可能にする。

サイモン・トフィールは、猫好きとして知られているけれども、犬と散歩することも大好きである。それらはそのようなおかしいキャラクターである。そして、猫ができる限り、ほとんどなにもしないようにするのに対して、犬は、節約するエネルギーによってまわりの反対物と走る。

近くで、サイモン・トフィールが働く所を見た後に、しし鼻は発生した。サイモン・トフィールはすぐにその大きい目、そして大きい舌で打たれた。それはいつも掲げている。私は考えられて、説明とアニメーションにおいてこの犬を引くことは、いくつかの大きいコメディの瞬間をもたらすかもしれない。彼は、猫のフラストレーションへの多く本にわたって主演する再発キャラクターである。

とくに、アニメ「Box Clever - Simon's Cat」は、伸びた爪を切るときと、まったく同じである。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告