on-the-time.jp

2015-10-26

世界独占記事!1万年前に絶滅した洞窟ライオンを永久凍土層で発見!

超過去.自然宗教観光経済政治

National Geographic日本語版は、2015年10月26日のSiberian Timesからの情報として2015年11月02日に、ロシアのシベリアにある氷河期の永久凍土層ヤクート共和国(Yakutia Republic)として知られているサハ共和国(Sakha Republic)から、凍った状態洞窟ライオン(cave lion)の子どもが複数体発見されたと報告した。

洞窟ライオンは永久凍土層にほとんど完全に守られて、これほどの保存状態で発見されたのは、同種としては前例がないと報告している。

The Siberian Timesha,2015年11月遅くにプレゼンテーションとしてロシアおよび国際メディアに、適切に導入するヤクート共和国の科学アカデミー(Academy of Sciences of Yakutia)と働いている。

2頭のライオンとともに、古生物学者は、ロシア連邦の中で最も大きいこの広大な領域で、最も冷たい氷により守られた他の洪積世の動物も見つかっている。

[AD] You can advertise on this site.

これらの間に、有名な羊毛マンモス・ユカ(woolly mammoth Yuka)、'Oimyakon'マンモス(the 'Oimyakon' mammoth)、コリマ毛織物サイの残骸(the carcass of a Kolyma woolly rhinoceros)、およびユカギール族バイソン(Yukagir bison)、および馬(horses)が見つかっている。

洞窟ライオンは、ヒョウ属spelaea(Goldfuss)として、ユーラシアの大陸の中間と前の更新世の時の間に生きて、ロシアでは、それらの最も東のチュクチにイギリス諸島(the British Isles to Chukotka)からアラスカおよび北西のカナダも歩き回った。絶滅した生き物は現代のアフリカ、アジア・ライオンに近い親族であった。

それらの残りでまれであるペアの存在について、2015年10月26日の発表は、それらが最もよく守られて、世界でこれまで発掘されたことがあるある主張と結び付けられる。

ライオンについての研究の最初の結果として、完全な詳細は、11月に、プレゼンテーションで公開される。

以前に、残骸、骨および個々の骨格の部分の破片だけが見つけられた。
現在まで、ヤクートの頭蓋骨、いくつかの歯だけ、および骨格において、どれのため、科学者が、消滅した生き物の複数のおおよそのイメージを持っていることが、発掘されたことで。それを防止した。

他の古代の動物のように、消滅した洞窟ライオンは、2匹の子ライオンについての研究が、動物が略奪者をほとんど持っていなかったので、約10,000年前、なぜそれらが死に絶えたかを説明するのに役立っているかもしれない、草食動物より小さく、 羊毛マンモスと羊毛サイと共存したとしての湿地で動きがとれなくなることに陥りやすくなかった。1つの理論が、鹿と洞窟熊の獲物での低下で、それらの崩御を起こしたかもしれない。

『発見はセンセーショナルであるに疑いない。』と発見に近いソースは言った。
それが知られている残りには、初期の細菌学分析に続いている炭疽菌などの危険な感染がないけれども、他の重要な詳細または写真は、プレゼンテーションの前にリリースされない。

もし、興味があるメディア組織は、下記のコンタクト・アドレスを使うことで招待される。

For bona fide media wishing to attend, please contact:

Anastasia Koryakina
Tel: +7 924 170 0012
e-mail: anastacia_joy@mail.ru

Dr Albert Protopopov
Tel: +7 924 660 6395
e-mail: a.protopopov@mail.ru
20150515ng-black-logo.png

ヤクート共和国(Yakutia Republic)として知られているサハ共和国(Sakha Republic)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
66°45'40.8"N 124°07'25.5"E

2015-07-21---インドのライオンの悲劇の後!子ライオンはグジャラートに喜びをもたらす!014-09-07---なぜインドに生息するアジアライオンは多数が死んでいるか?
2014-08-12---アップルは、アメリカ・ライオンの次に、アジア・ライオンにすべきだった。
2014-04-02---現代のライオンの起源が遺伝子分析で明らかになった。
2013-11-13---世界最古の大きな猫科の化石がチベットで見つかった。
2013-04-15---インドの最高裁判所は、アジア・ライオン引っ越し保護命令!
2012-12-04---アフリカで百獣の王ライオンの数が減っている。
2007-04-09---アジア・ライオン、全滅の危機。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE