2015-11-02

改装の三越銀座店が好調 !三越伊勢丹、10月売上高4.7%増。

経済

日本経済新聞 電子版は、三越伊勢丹ホールディングスが2015年11月02日に発表した速報、外商を除いた既存店ベース10月の売上高は、前年同月比4.7%増だった。

7カ月連続で前年実績を上回った。
改装した三越銀座店の売り上げが好調だった。
首都圏の店舗では婦人雑貨や宝飾・時計がけん引している。

[AD] You can advertise on this site.

三越銀座店が17.8%増、伊勢丹新宿本店が8.6%増、三越日本橋本店が3.6%増だった。
三越銀座店は「改装に伴い売り場面積を縮小しているが、健闘している」という。
免税売り上げは首都圏の合計で86%増加した。

銀座に中国人、東南アジア人が急増し、円安効果が顧客を吸引している。
中国の経済バブルが不安定になっているが、いっこうに顧客数が減らないと言っている。
ただし、同時に高級ブランドのバッグ盗難も急増している。

商品別にみると、衣料品ではインナーなどの売り上げが伸びた。
パンプスやスニーカーなど、秋物の婦人靴も好調だった。
紳士衣料では靴やスーツが伸びている。
宝飾・時計も堅調な売り上げを維持した。

また、キャリア支援企業として、三越伊勢丹が厚生労働大臣表彰企業9社の中に選ばれた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.