2015年10月30日

アタカ砂漠で咲く花の嵐。

自然

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」、米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、今年過去20年間で、エルニーニョ(El Niño)による最も凄い降雨をもたらした後に、地球の最も乾燥している場所として知られているチリのアタカ砂漠(The Atacama desert)は花のまれな春花を経験していると報告した。

砂漠は、通常、地球の最も乾燥している場所のうちの1つである。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

20世紀初期には、で173ヶ月間1滴の雨なしで、最も長い乾燥しているための世界記録であった。
アリアの南への別のアタカ隣地アントファガスタの都市(the city of Antofagasta)では、平均的な年間降雨は、0.07インチである。

しかし、強いエルニーニョ年は、地球の最も暖かな海洋水の東にだけ突き止められた領域のため、雨のブームであるかもしれない。3月に、激しい雷雨は1日でアタカマ砂漠の部分に0.96インチの雨をもたらした。
これはその多くのように思われるわけではないけれども、それは砂漠のための莫大な降雨イベントであった。1日で14年を超える雨において、急流は、一般に乾燥しているコピアポ川(Copiapo River)を遠くその土手を越えて膨らませ、氾濫することで、その日に最低9人の人々を殺した。


花マルバ(malva)またはゼニアオイ(mallow)は、普通、すべての5年から7年でアタカ砂漠花として、通常エルニーニョと一致して、フロアで開花し、咲くけれども、今年のは豪華出し物のうちの1つで、「過去の18年間の最も豪華な開花。」であった。

デスバレー国立公園(Death Valley National Park)の公式な測候所は2015年10月5日に0.55インチの雨を記録した。それはたくさんのように思われないかもしれないけれども、それは世界の最も熱い位置のためのバケツロードである。10月の月で最も湿った24時間期間を記録上結びつけるに十分であった。

「10月の一連の異常な嵐は、デスバレー国立公園にわたって大きい損害額を起こした」公園役員は、Facebookに「鉄砲水は複数の道路の重要な部分を破壊し、悪魔穴(Devils Hole)のスコッティーの城(Scotty’s Castle)および預けられたがれきでいくつかの歴史的な構造を重く損った。」と書いた。

アタカ隣地アントファガスタの都市(the city of Antofagasta)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
23°39'03.3"S 70°23'51.0"W

2013-04-22---地球の生命力のサイン。
2010-04-23---砂漠でさえ、植物は地球温暖化の熱を感じていた。
2010-04-02---残雪に残された貴重な地球科学の現象。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告