on-the-time.jp

2015年10月30日

億万長者のオプラは、身勝手か?正直か?

人物

ニューヨークポスト(New York Post)のPage Sixは、彼女が、90年代に、シカゴで、貧しい生活をしていた少年を助けようとした時には、オプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)は難しいレッスンを学んだと報告した。

人は、ウィンフリーの息子カルビン・ミッチェル-(Calvin Mitchell)あると主張している。名付けte待ち伏せられるメディアモーグルとして、61歳の彼女が水曜日に、NYCの「レイト・ショウ(The Late Show)」にテープを貼ることを残した。

「彼は私の息子ではなかった」彼女は木曜日にETのナンシーオデル(Nancy O’Dell)に説明した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

「彼は、私が助けた子供であった。私はそれを1992年であった考える。私は、『ここに子供が全然いない。』」と呼ばれるテレビのための映像にしていた。

「私は14歳でで息子を持っていた。」と彼女は説明した。「その息子は、死んだ赤ん坊であった。私は、私が生んだ息子であり、私も私を捜しているかどうかを言う必要がある。私は、『起こったことというママ?』に似ているから、かわれる億万長者TVスターである。」

ネットワーク頭は、誰が、彼女の最新のOWNプロジェクトを発起することに忙しいか「信念」として、20年より多く前説明された少年と、彼女のありそうにない遭遇であった。

「私達はシカゴのプロジェクトを援護射撃し、私は座り、破壊の間に設定されて、このかわいい小さいきらめくよう見られた少年は、ソーダ水を私に手渡すために、黄色いテープの下に来た。」と、彼女は言った。

「私が彼によりそんなに魅了されたので、彼が、彼の母が仕事を持たず、それらがプロジェクトに貼り付けられた状況にいるので、私は、彼の家族、彼の学校生活、および外で見つけられることについて、彼と話し始めた。」

ウィンフリーは、どのように、彼女が、現在35歳の、プロジェクトの外の彼の家族ミッチェルが、彼の母が雇用を見つけることを手助けし、少年を、シカゴエリア私立学校摂理聖メル(Providence St. Mel, a Chicago-area private school.)に入学させることを提案するかを説明した。

しかし、2ヶ月の後に、トラブルに見舞われた10代の「どのようなクレジットでも[得]ずに残される、」ソースが、6ページを話す。

「どれほど私ががっかりするかについて私は彼と長い会話をしたけれども、私は彼に別のチャンスを与えようとしていた。」と、彼女は続けた。

「私は、私立の全寮制学校をミシシッピに発見した。なぜなら、私は、私が彼を環境から追放できて、彼が、中でたぶんそれが彼に役立って、成長することに慣れていたかどうかを考えたからである。」

ウィンフリーは、全寮制学校に入学するままでいるように彼に勧める最終的な努力として、悩まされた若い人と彼女の最後の会話を物語ったけれども、16歳は結局ドロップアウトし、トークショーホストに彼の「先生は彼が好きではなかった。」と言った。

彼女は今週早く直ちにミッチェルを認めていなかったけれども、「紫色」のスターは現在のトラック運転手として、自暴自棄を見た。

「私が去り、彼がそんなに孤独に見えていたので彼が似ていたこと、『私はあなたと話してもよいか?』従って、私は、私のチーム、『後で私が彼に連絡できるように、誰かがカルビンの数を得るか?』」と誰かに言った

彼女が痛まなかったことに注意するけれども、イベントのシリーズに「失望し」、「私が気がついた時には、[ナショナル・エンクワイアラーによって]全体の物がセットアップであることに私は、もう、彼と話すことに興味がなかった。」と、彼女は説明した。

ミッチェルは、博愛主義者により援助される彼自身の機会を吹きつけたけれども、ウィンフリーは、それが、彼女を2007年に女の子のために彼女のリーダーシップアカデミーを開く気にさせたミッチェルの彼女の経験であると明らかにした。

「1つの新しい生活あたり、1つのペルソナを与えることが十分ではないか、または、お金または新しい車、あなたは、それらに、どのように自身を釣るかを教える必要がある。」と、彼女は付け加えた。

名声に傷が付くから、逃げたのだろう。
その理由を、こね回しているだけにも感じる。

こんな人は、助けるべきではない。
助けるなら、名声も何もかも捨てろ!

私は、だから中途半端な自己満足の寄付はしない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告