on-the-time.jp

2015年10月30日

ミャンマーの選挙で、政府反対派の議員が攻撃された。

政治

BBC Newsは、政府反対はの議員は、キャンペーン大会でナイフと剣を振るっている人により攻撃された後に負傷から回復していると報告した。

攻撃は、ミャンマーでの歴史的な選挙の1週前に、すぐ来た。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

NLD(National League for Democracy/国民民主同盟)議員ナイング・ナガン・リン(Naing Ngan Lin)は頭と手の損傷によって病院に急送されたけれども、党は彼の生命が危険にないと言った。

攻撃者は警察に逮捕された。

それは動機がクリアではないと言った。

証人は、BBCのジョナ・フィッシャー(Jonah Fisher)に、何人かの人に話しとして、木曜日にタケタ郡区(Thaketa township)での反対ラリーを中断し、いくつかが剣で武装した。

「私達は、攻撃のための動機が何であるかというアイデアを全然持たず、それの後ろにある。調査の後に効果的な訴訟を取ることが重要である。」は言ったNLDスポークスマンのナヤン・ウイン(NLD spokesman Nyan Win)は、ロイターに話した。


暴力は、ミャンマーの選挙の10日前、またヤンゴンでのNLDリーダーアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)の大きい集会を催す予定の3日前にに来た。

2015年11月08日の投票は、25年で、国の最初公然と争われる総選挙である。

NLDが最も多くの座席を勝ち取ることが期待されている。

公的な脅威は、反対に、ラリーの前に、キャンセルすると警告していたけれども、それらは無視された。

2015-10-19---アウン・サン・スー・チーは、イスラム教の問題で怒った!
2015-09-08---アウン・サン・スー・チーの党は、ロヒギャを切った!
2015-05-30---仏教のダークな部分。
2015-05-28---ダライ・ラマは、スー・チーに、ロヒギャ保護をさらに要求。
2015-05-24---アウン・サン・スー・チーの許しがたい沈黙。沈黙は犯罪。
2015-02-11---ミャンマーのヤンゴンにある建築物の遺産を保存する苦闘。
2015-01-22---国連は、ミャンマーの僧侶Wirathuを『男性至上主義者』コメントと非難。
2014-12-03---ミャンマー法廷は、死亡したAung Kyaw Naingの調査を命令!
2014-11-12---ミャンマーの改革は音をたてて停止したか?
2014-10-31---非常に珍しいミャンマーのキープレーヤーによる座談会。
2014-10-18---不確かな将来。タイの奴隷ロヒンギャ。
2014-10-13---ミャンマーで、ケンタッキー・フライドチキンがオープンする。
2014-10-06---ミャンマー、受刑者3000人以上に恩赦。
2014-10-04---拘留されていたミャンマーのリポーターが射殺された。
2014-09-02---ミャンマーの美人コンテスト女王は、謝罪するまで王冠は返さない。
2014-08-18---ミャンマーの不思議、世界最大の鐘「Dhammazedi Bell」の捜査。
2014-07-16---KDDIは、ミャンマーの市場に参入するために取り引きを締結。
2014-07-14---金よりも貴重だった、密輸された石。
2014-07-07---ダライ・ラマは、ミャンマーとスリランカ仏教徒へ、イスラム教徒に対する暴力を止める。
2014-04-01---ミャンマーにあるすべての大学に、インスタント電子図書館。
2014-03-30---ビルマは、30年間ぶりの国勢調査を始めたが、ロヒンギャは拒絶。
2014-03-06---ミャンマーの町をロヒンギャは、カットされた。
2014-03-01---国境なき医師団は、ミャンマーの仕事を再開することを認められた。
2014-02-28---ミャンマー政府、「国境なき医師団」に国内での活動停止を命令。
2013-08-29---反イスラム教の僧はビルマの宗教の緊張に火をたき付ける。
2013-08-21---ビルマは、国連権利使節を「保護しなかった。」
2013-08-05---ミャンマーのパンク・ロッカーは、宗教攻撃の沈黙を壊す。
2013-05-27---アウン・サン・スー・チーは、Rohingyaの「2人子供方針」を非難!
2013-05-14---西ビルマで、ロヒンギャ・ボートが沈没。
2013-05-07---ダライ・ラマは、ビルマとスリランカの仏教徒を非難した!
2013-05-01---なぜ仏教徒僧は、イスラム教徒を攻撃しているのですか?
2013-04-12---ビルマの暴動で、金の店のイスラム教徒を投獄。
2013-03-27---アウン・サン・スー・チーはビルマ国軍記念日に参加。
2013-03-22---仏教徒とイスラム教徒の戦闘で、ビルマの町メイティラに非常事態宣言。
2013-03-17---アウン・サン・スー・チーは、アイコンから、政治的なプレーヤーへ!
2013-03-10---スー・チーはミャンマー反対派のトップに再選された。
2013-03-08---ミャンマーの野党は党大会を開催。
2013-01-29---スー・チーは韓国で最初の女性大統領に会う。
2013-01-27---アウン・サン・スー・チーは、祖国の軍隊が好き!?
2012-10-27---ビルマは、Rakhine州で村が燃えていることを認めた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト