on-the-time.jp

2015年10月30日

塩野義製薬、画期的なインフルエンザ新薬を2018年に実用化!

健康美容と医学の科学

日本経済新聞 電子版は、インフルエンザを1日で治療できる世界初の新薬を塩野義製薬が2018年にも国内で実用化すると報告した。

従来のインフルエンザ薬はウイルスの増殖そのものを止める効果はないが、新薬はウイルスの増殖を抑えて死滅させる仕組みになっている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

厚生労働省は画期的な新薬候補として優先的に審査する方針を決定した。

塩野義製薬の新薬は喉や鼻から人体に入ったウイルスが増殖するときに使う酵素の働きを邪魔する。
ウイルスは増殖できず、そのまま死滅する。
飲み薬として従来品と全く違う仕組みで効くと報告している。

インフルエンザ治療薬は現在、スイス大手のロシュが販売する「タミフル」などもあるが、タミフルはウイルスの増殖そのものを止める効果はなく、服用を5日間程度続ける必要があり、患者の負担が重かった。

塩野義製薬は健康な人に投与し、安全性を確認する初期段階の臨床試験(治験)を国内で実施した。インフルエンザ患者が増える11月以降、数百人規模の患者を対象にした第2段階の治験を始め、効き目を確認することにしている。

厚労省は画期的な新薬の早期の実用化を促す「先駆け審査指定制度」で、塩野義製薬の新薬をこのほど指定した。
厚労省から製造販売承認が得られれば18年にも発売することになる。

問題は、どのインフルエンザ型に効果があるかだろう。

2015-05-17---チリで、海鳥1300羽が謎の死。
2014-11-17---鳥インフルエンザが、ヨークシャーのあひる農場で確認された。
2014-11-14---Wikipediaは、「ウィルス発生を予知します。」は本当か?
2014-10-04---ドイツとフランスのエボラ感染医療従事者、回復。
2014-06-17---鳥インフルエンザ「危険地帯」の地図公開。
2014-05-06---南極のペンギンから新種の鳥インフルウイルスを検出。
2014-03-04---3万年前の巨大なウィルスは「生き返った。」
2014-02-14---イギリス・ビクトリア朝の奇妙な10のラブストーリー。
2014-02-05---致命的な新種の鳥インフルエンザ「H10N8」を中国で発見。
2014-02-01---ニューヨーク州は、2025年までに白鳥2200羽を殺処分!?
2014-01-05---中国の都市のガチョウ肉から、H7N9テスト結果で陽性反応が出た。
2013-12-28---インフルエンザ・ウイルスは、米国10州で拡大し続けている。
2013-10-31---中国の鶏肉市場は「広大な鳥インフルエンザ感染源です。」
2013-10-18---中国からの偽薬100万錠をチューリッヒで差し押さえた。
2013-09-22---科学者は、普遍的なインフルエンザ・ワクチンに向けて大きく一歩進歩。
2013-04-30---鳥インフルエンザの恐れは、台湾の観光旅行を打ちのめすか?!
2013-04-09---ベトナムで、今年初のH5N1鳥インフルエンザ死亡者を確認。
2013-04-08---中国の「豚」の次は「鳥」、家禽飼養産業に大きな痛手!
2013-04-05---中国の鳩グループは、鳥インフルエンザH7N9でレースを中止。
2013-04-03---中国で3人を殺した鳥H7N9ウィルスは、H5N1より暗黙の脅威。
2012-04-02---公表されたH5N1鳥インフルエンザ研究の大論争に決着。
2012-01-20---バイオ・テロの恐れで、突然変異体鳥インフルエンザの研究を停止させた。
2011-12-31---広東省深セン市で、鳥インフルエンザの死亡!
2011-12-21---香港、鳥インフルエンザH5N1警戒!
2011-12-21---米国政府は、科学雑誌に鳥インフルエンザ研究検閲を依頼。
2009-08-25---新型インフルエンザ、最悪の場合、韓国も1000万人が発病。
2009-04-25---メキシコの豚インフルエンザが、世界的流行病になる可能性がある!
2009-04-04---国内のアライグマから、「H5N1」に感染した抗体を検出。
2008-01-23---WHO、人から人への鳥インフルエンザ感染レポートを公開した。
2007-09-12---鳥インフルエンザ・ワクチン人体実験結果!
2007-04-01---イギリス諸島の外からの伝書鳩レース禁止令を撤廃した。
2007-03-16---イギリス諸島の外からの伝書鳩レース禁止令を撤廃すると発表。
2007-02-07---イギリスで初めてH5N1に感染した七面鳥が農場で死んだ。
2007-01-16---鳥インフルエンザ再び!
2007-01-03---エジプトで鳥インフルエンザ「H5N1」に感染した3人が死亡。
2006-11-01---新しい鳥インフルエンザが東南アジアで拡散している!
2006-07-26---イギリスのGlaxoSmithKline社、大量のH5N1ワクチンの可能性を報告。
2006-06-22---鳥インフルエンザが騒がれる2年前にH5N1死亡者が居た!
2006-05-15---アフリカのジプチでH5N1が人間の感染!
2006-05-03---新型インフルエンザのワクチン開発に成功!?
2006-03-10---USGSが8ヶ月間調査した結果、米国では「H5N1」が未検出。
2006-02-28---WHOが、人間に感染した鳥インフルエンザを地図にした。
2006-02-20---インド西部で鳥インフルエンザが確認された。
2006-02-13---イタリア、ギリシャ、ブルガリアの白鳥から鳥インフルエンザ陽性反応。
2005-11-03---米国のGAOのインフルエンザ・ワクチンの準備状況レポート。
2005-11-01---ブッシュ大統領インフルエンザ緊急基金US$71億請求。
2005-10-21---非常に短期間の鳥インフルエンザ調査団。
2005-10-17---ヨーロッパ本土から鳥インフルエンザ検出!
2005-10-11---鳥インフルエンザで、今年の七面鳥は大丈夫か?
2005-10-10---湖南省湘潭市湖南県で9歳になる男子が鳥インフルエンザH5N1に感染。
2005-10-07---鳥類インフルエンザの国際協力臨戦体制戦闘開始!
2005-10-06---米国国務省は、インフルエンザで65のカ国以上ミーティングを主催した。
2005-10-05---「Pandemic Preparedness and Response Act」に導入要請。
2005-09-30---2005年の冬は鳥インフルエンザが蔓延する可能性大!
2005-06-20---インドネシアで初めて鳥インフルエンザの症例を確認した。
2005-06-20---インドネシアで初めて鳥インフルエンザの症例を確認した。
2005-04-25---北朝鮮の平壌の近郊で3カ所で発見された鳥インフルエンザ。
2004-12-08---チキン(鶏)のゲノム・マップが完成した。
2004-09-30---非常に劇毒性が高いavianインフルエンザ。
1970-02-02---哲学者ラッセルが死去した。
1957-09-23---イギリスでアジア風邪が猛威を振るった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。