2015-10-18

この7つの奇妙な陰謀説は、真実であると判明した。

犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、こんな馬鹿なことがあるのかと、多くの人が疑った陰謀説の中で、真実であると判明した7件を6カ月前に紹介したが、要望が多かったので再度紹介した。

まだアメリカやイギリスを信じたいなら、このような記事を読まない方が良い。

アメリカやイギリスは、隣の人も信じられない。
もっとも、私も隣の人を信じていない。

1.サッカーを見るために外出した人々の死は、黒人に政府が与えたSTI警察で、戦争を起こすことを手伝った詐欺師は、実際に真実であると判明した。

2.タスキーギ梅毒実験(Tuskegee Syphilis Experiment)は、1932年-1972年に、本人の同意無しで約400アフリカ系アメリカ人に梅毒を与えることを伴っていた。
研究は、STIが白人と黒い人に違ったふうに影響し、それがオリジナルの参加者のほんの74歳を終えた時間までに生きていたかどうかを調べることをめざした。
この実験では、グアテマラのセックス研究としも行われた。

3.第二次世界大戦の終わりにCIAのために働くために、ナチスの科学者をアメリカに連れて来る秘密の計画ペーパークリップ実験(Operation Paperclip)があったことが判明した。
この計画は、ジャーナリストのアニー・ヤコブセン(Annie Jacobsen)により、本「ook Operation Paperclip: The Secret Intelligence Program that Brought Nazi Scientists to America」で明らかにされた。
Ynetによると、科学者は、米国のために化学武器の開発を手伝い、LSDを開発するために、アメリカの科学者のそばで作動させられた。
私がドイツで師事した教授も誘われたが断った。

4.最初の湾岸戦争のスパークをサポートし、議会についての証拠のため、「Nayirah」として知られている15歳の1人の少女へ1990年に与えた。
女の子は、イラクの兵士が、小型を、孵化器およびそれらが、死ぬことを任せられることから取り除いたと主張したけれども、この事実は後でアムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)により反駁された。
戦争の後に、ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は、実際、「Nayirah」がクウェートの大使の娘であると報告し、彼女の証拠はPR会社Hill & Knowltonにより手配された。

5.1989年04月15日に、Liverpoolファンが準決勝でシェフィールド・ウェンズデーのヒルズバラスタジアム(Sheffield Wednesday's Hillsborough stadium)で押しつぶされ、96人が死亡し、数百人以上が負傷した事件で、辞めた裁判官が2011年に、死者のファミリーが、災害において起こったことについて、「陰謀説」で起訴すべきであると主張した。
2012年までに、尋問は、どのように、クラッシュで96人の犠牲者に悲劇で、責任を負わせるために、警察が「奮闘的な試み」をしたかを示した。
災害への審問は、新しい新事実で進行中である。

6.米国政府は、飲酒禁止を強制する試みにおいて、禁止のアルコールを意図的に害した。その行動のため約700人の人々が死んだ。

7.ラテンアメリカ人共産主義国の戦争サポートを呼び寄せるために、責任がキューバにより負われるようにデザインされたアメリカでの偽造の攻撃を作成する米国政府の冷戦計画があった。
レコードは、決してそれが計画段階を越えなかったことを示す。

これらで解ることは、気の小さいアメリカの陰謀説で、稚拙ではないことである。

2010-09-30---グアテマラのセックス研究で、オバマ大統領が謝罪した。

Related Dates