2015-10-18

イギリス極右の最初の反モスク集会が、逆効果となった。

宗教政治

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イギリスの極右グループは、彼らが最初の巨大なモスク」と呼んだものを築く計画に抗議したバートン(Burton)で大会を土曜日に催した。

警察により監視される間、グループの約210のサポーターが、ユニオン・ジャック(Union Jacks)および木製の十字を支えて,スタフォードシャー(Staffordshire)町を行進した。

地元新聞「バートンメール(Burton Mail)」によると、それがイスラム教のすべての跡を居切雨から取り除きたいと述べた極右グループは、約250人の人々のカウンター抗議により迎えられた。

日曜日の朝のメンバーへのEメールにおいて、イギリスでで最初のリーダーポール・ゴールディング(Britain First leader Paul Golding)は、「愛国者」のバートンで、唯一の反対を要求し、多くが阻止された「約50人の地元のイスラム教徒」の周囲でAntifaグループからの同じ数の白人の中流の回りにある。」と主張した。

イギリスでの他の極右行進のように、ローカルな人々からの反応が優秀であった。

それだけでなくで、ローカルなモスクのメンバーが茶を提供し、多くは2013年のヨークでのEDL行進のように、 抗議者は、これらのレポートを確証するために、モスクに連絡し、ビスケットで、憎悪グループがこの見事な合図によって迎えられたという。

「そのような控えめな表現は、たぶん、皮肉にも、その日に町の中で最も多いイギリス人であった。」

キャンペーングループExposing Britain Firstは、どうにかして、行進を「後援し」てJustGivingページの避難民のための£1,000より多くを集めた。

募金ページのメッセージにおいて、組織者アンドリュー(Andrew)は,

私は、もしイギリスで、ここの必死な避難民のために上げているお金においてそれらの努力がよく使われうるなら、それがずっと多く理解するであろうと思った。

嫌う人は、それらの憎悪の目標のため、こちらで善をしているであろうと言った。

避難民が注目されているときに、極右は、逆効果になる。

そんなときに、なぜイギリスで最初の反モスク集会を開くのだろう。

バートン(Burton)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
52°12'35.3"N 0°08'50.3"E