2015-10-14

雄だけで発見されたニューロンの新しいタイプ。

性とメディア自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2015年10月15日に、食物の費用でさえ、男は、性を捜すことに完全に捧げられた脳のビットを持つことができると報告した。

イギリスの科学雑誌「ネイチャー(journal Nature)」において出版された研究により線虫類ワームで、2つの性の違いが分析された。

Glia-derived neurons are required for sex-specific learning in C. elegans

Michele Sammut,
Steven J. Cook,
Ken C. Q. Nguyen,
Terry Felton,
David H. Hall,
Scott W. Emmons,
Richard J. Poole
Arantza Barrios

Nature 526, 385–390 (15 October 2015) doi:10.1038/nature15700
Received 17 May 2015
Accepted 10 September
2015 Published online 14 October 2015

Surprise ‘mystery’ neurons found in male worms
Neuroscientists shocked by addition to the nematode's exhaustively catalogued nervous system.

Kerri Smith
14 October 2015 Corrected: 15 October 2015

これらのワームは2つの性を持っている。雄が雄に繁殖することを必要としない、および両性具有者本質的に、彼ら自身の精子を生み出すことについて「修正された雌」であるけれども、彼ら自身の精子を生み出す,。

これらのニューロンは、雄だけ存在するために見つけられたけれども、ロンドン大学カレッジ(niversity College London)とアルバート・アインシュタイン医科大学(Albert Einstein College of Medicine)の研究者は、この発見は、性において変種を理解するために、それが人に来る時には「私達にパースペクティブを与えることができた」と言う。

新しく発見された脳細胞は、伝統的な調節を使ってテストされた。刺激として塩を使うことによって、虫は、塩を不愉快なまたは楽しい経験と結び付けるのを学んだ。

例えば、それらがそれを食物の不足と結び付けた時に、ワームは、その時塩の高い集中から向こうに新しい環境に動かされた塩の存在において飢えた。

しかし、ワームは、新しい環境で塩の捜されたより高い集中だけでなく連れ合いの存在において飢えた。

研究者は、より多くの塩の好みが意図し終えて連れ合いを見つけることとの塩の交際、性を持っていることは、雄にだけ発見されたニューロンに帰しているので、塩と食物のない結合より強かった。

シニアの作者アランツザ・バリオス博士(Dr Arantza Barrios)は「私達は、どれほど性的な成熟の間に2つの性の遺伝および発達的な違いが、雄のワームの脳の構造の変化を引き起こすかを示した。」と言った。

「これらの変化は、雄が前の性的な遭遇を記憶し、未来の状況の性をprioritiseすることを可能にして雄の脳を違ったふうに働かせる。」と、彼女は言った。

研究の共著者スコット・エモンズ教授(Co-author of the study, Professor Scott Emmons)は言った:「小さいワームにおいて運び出されるけれども、それにもかかわらず、それは、私達に、人のセクシュアリティ、性的なオリエンテーション、およびジェンダー識別の多様性の真価を認めて、ことによると理解していることを手助けするパースペクティブを与える。」と言った。

これは、原始的であれば、ニューロンの新しいタイプは存在するが、進化すると消えると言うことはないのだろうか?