AD SPACE

2015-10-14

ハッブル宇宙望遠鏡を使った木星の新しいマップを作った。

宇宙

NASAは、NASAのハッブル宇宙望遠鏡(NASA’s Hubble Space Telescope)を使っている科学者は、木星の新しいマップを生産したと報告した。太陽系の外の惑星で、一連の年間の肖像としては最初になる。

今後このような地図が、Google Mapsの宇宙に追加されることだろう。

まだ、木星も土星もないが、登場することだろう。
海王星と天王星もすでにかなり、詳細な画像はある。

[AD] You can advertise on this site.

これらの毎年の写真は本質的に子供のための年間の学校写真日の惑星のバージョンを収集することで、現在のおよび未来の科学者が、どのようにこれらの巨大な世界が時間で変化するかがわかることを手助けする。

観察は、風、雲、嵐、および雰囲気に富んだ化学を含む機能の広い範囲を捕らえるようにデザインされる。

すでに、木星イメージは、以前に見られなかった大赤斑のコアの惑星で、赤道およびユニークなフィラメントの機能のすぐ北にまれな波を明らかにしていた。

メリーランド州グリーンベルトにあるNASAゴダード宇宙飛行センターの惑星科学者エイミーサイモン(Amy Simon, a planetary scientist at NASA’s Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Maryland)は、「私達が木星を見るたびに、私達は、本当にエキサイティングな何かが進むというヒントをじらし始める」と言った。

サイモンおよび彼女の同僚は、ハッブル(Hubble)の高性能広範囲フィールドカメラ3(Wide Field Camera 3)を使った観察から木星の2つのグローバルなマップを生み出した。

2つのマップは、惑星のほとんどで連続した回転を表し、木星の風のスピードを決定することを可能にする。

解説と画像は天体物理学ジャーナル(Astrophysical Journal)のオンライン版で入手可能である。

新しい画像は、大赤斑が、縮み、それが代わりを何年もの間していたので、より遠回しになり続けることを立証する。
それが2014年にあったことにより、この独特な嵐の長い軸は、現在約150マイル短い(240km)である。

最近、嵐はより敏速で、普段のレートで縮んでいたけれども、最新の変化は長期の傾向と一致している。

大赤斑は最近、赤より多くでオレンジ色であり続けて、かつてそれがそうであったほど、一般により強烈な色を持っているが、そのコアは明瞭ではない。

異常に小さく束ねられたフィラメントは見られて、渦の全体の幅にほとんど及ぶ。

このフィラメントのストリーマは大赤斑イメージ連続で、10時間スパンにわたって回転し、330マイル/時(150m/秒)またはいっそう大きいスピードで吹いている風によりゆがめられて、ねじれる。

木星の北赤道儀ベルトにおいて、研究者は、数十年早く前に惑星でボイジャー2によりほんの1回見分けられたことがあったとき、その波を見つけた。

それらのイメージでは、波はかろうじて見えて、それのような何も、ドットを付けた領域で、約16度北緯で現在の波が進んでいるのが発見されるまで、再びサイクロンと高気圧によって見られなかった。

同様な波と呼ばれる傾圧の波は、時々、サイクロンが組み立てている地球の大気に出現する。

共著者カリフォルニア州パサディナのNASAのジェット推進研究所のグレン・オートン(Glenn Orton of NASA’s Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, California)は「現在まで、私達は、ボイジャー2により見られた波が幸運であったかもしれないと思った。」
「それが外に出るので、それはまさにまれである!」と言った。

研究者によると、それが上の雲デッキに伝わる時に見えるだけで、波は雲の下のクリアなレイヤーに端を発するかもしれない。

そのアイデアは波頂上の間の間隔によりサポートされる。

木星に加えて、研究者は海王星と天王星を観察し、それらの惑星のマップはまた、公的なアーカイブに置かれる。

サターンは後でシリーズに追加される。

ハッブルは、1年ごとに時間を観察のこの特別なセットに専念し、外惑星大気遺産プログラムを呼んだ。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.