2015-10-14

イランは莫大な軍事地下基地を明らかにした。

戦争と平和

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は2015年10月15日に、イランの国テレビは、ミサイルおよびカタパルトユニット役員が言ったことについて、より一杯にされた地下のトンネルを2015年10月14日水曜日に、前例がない映像を放送した。

これが使われえたなら、「敵は誤りを犯す」ことになると言った。

イランが、新しい長期のミサイルtは、米国言われる国連安全保障理事会決議を破ったかもしれないテストをしたちょうど3日後に、写真はリリースされた。

イランの議会が6つの世界能力と、2015年07月14日の核取引を承認した1日後に、映像はまた来た。

イランの役員は、核の協定が特にその弾道ミサイルプログラムというその軍隊の力に影響しないと言った。

ミサイル発射および地下の映像は、軍隊が取引により弱められなかったことを証明するために、議員からのプレッシャーに続いていた。

トンネル、長さ数百mおよび高さ約10mのであることは、ミサイルとハードウェアによって満たされた。

イスラム共和国の革命家国防の航空宇宙部門の司令官アミール・アリ・ハジザデー准将(Brigadier General Amir Ali Hajizadeh, commander of the Islamic Republic’s Revolutionary Guards)が多く言ったそのようなトンネルは深さ500メートルで、全国いたるところで存在した。

「イスラムの共和国のミサイル基地は長期に配置されて、全国の州と都市の高い山の下に用意できている」と、部門のウェブサイトによると、彼は言った。

司令官は言った。ミサイルは、イラン最高のチーフ所司令官アヤトウラ・アリ・ハメネイ(Ayatollah Ali Khamenei)に似て至る所から市場に出される用意ができていた。

彼は、「これは私達の大規模なミサイル基地のサンプルである。」と言った。
「新しく、高度な1世代の長期の液状および堅実燃料ミサイルが、来年既存の武器を取り替え始める。」と付け加えて言った。

司令官は、軍力の見た目が西側の能力に呼応してであることを提案するようで、特に、米国の核の取引は、軍隊のものを含むイランに対してオプションを言ったテーブルにとどまる。

「希望をテーブルのオプションにピン留めする人々は、テーブルの下のイスラムの共和国の軍隊オプションをちょっと見るだけである。」

ハジザデー准将は、イランが、どのような戦争ではなく、「もし敵が誤りを犯すなら、ミサイル基地は火山のように地球の深さから噴き出る。」と言った。

火曜日の米国は、新しいImadミサイルの日曜日のテストの間にテヘランが安全保障理事会解像度を破ったかもしれないと言った。

それはまるで1970年代の映画に出てくる地下基地で、スタートレックの世界であった。

ホワイトハウススポークスマンジョシュ・イヤーネスト(White House spokesman Josh Earnest)は、「強いしるし」として、テヘラン政府は、「イランの弾道ミサイル活動に付随しているUN安全保障理事会決議に違反がある。」と言った。

核の取引に達した数日後に通過する決議案の下で、イランは、安全保障理事会により、「核の弾頭を運ぶようにデザインされる。」という発展ミサイルを禁止された。

たとえホワイトハウスのスタートが、予定の核の協定へのインパクトを全然持っていないことをどのように強く主張しても今年末までに正式に実施される。