2015-10-10

前とセンターにできたコロナ・ホール。

宇宙

この写真の太陽のトップの暗いエリアは、コロナ・ホールで、惑星間空間のために磁場が開いている太陽の領域であり、コロナ物質的促進、いわゆる高速太陽風ストリームに送る。

NASAのSDO(vSolar Dynamics Observatory/太陽力学観測所)の近くで2015年10月10日にこ写真が撮影された。このコロナ・ホールに端を発する高速太陽風は、オーロラのいくつかの夜を結果として生じた地磁気の嵐を地球の近くで作成した。

このイメージは193オングストロームの波長において取られて、私達の目に見えず、一般に、ブロンズにカラー化された。

これが原因かどうかは定かではないが、ノルウェーの写真家ハルスター(Harstad, Norway)で2015年10月8日の夜、踊る北極光のこの写真を捕らえた。

それらが分子と空中にきらきらと衝突し、この衝突は、地磁気の嵐と呼ばれる現象のため、オーロラを作成して、閉じ込められ、チャージされた粒子を、磁場ラインの下で大気に急上昇するようにして磁気圏をがたつかせる。

多くの地磁気の嵐は、CME(coronal mass ejection/コロナマス・エジェクション)と呼ばれる現象で、太陽、またはCMEから爆発する太陽の素材の雲と関連するけれども、この嵐は太陽風の特に速いストリームにより起こされた。

メリーランド州グリーンベルトのNASAのゴダード宇宙飛行センターの宇宙物理学者レイラ・メイズ(eila Mays, a space physicist at NASA’s Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Maryland)は、「高速な太陽風ストリームにより起こされた地磁気の嵐は珍しくない。」
「それほど太陽の活動類似CMEが頻繁ではない時は、太陽の最小の近くで、これらの速いストリームは、実際、オーロラを作成する地磁気の嵐の中で最も一般的な原因である。」と言った。