2015-11-26

オーストラリアの殺人クモ騒動。

自然犯罪と裁判健康教育観光美容と医学の科学

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、警察は国内で論争になっている間違えられた殺人クモについて報告した。

『絶叫している女性はどうか?』
『うん、それが私にとって、本当であったことが残念である。本当の憎悪クモ。』

家庭内暴力のために、クモで殺す彼の試みが誤っていた後に、人は、警察から広い反応を促して顔を真っ赤にするままにしておかれた。

「ウルストンクラフト(Wollstonecraft)の北の郊外の居住者が人が叫んでいるのが聞いたと主張した時に日曜日に午前2あたりでアパートに急送された北シドニー警察からの役員は、あなたを殺そうとしていて、あなたは死んでいる。死んだ!死んだ!」女性の悲鳴、およびまわりに投げ上げられている家具の音により付随されている。

人、「息および少し意気揚々としている外」は、続いて起こるドアと以下の会話に答えた。

警察:「あなたの妻はどこであるか?」。

人:「Umm、私にはいない。」。

警察:「あなたのガールフレンドはどこであるか?」。

人:「Umm、私にはいない。」。

警察:「私達は、国内のレポートと、どこに彼女がいるかの女性金切り声で言っていたか?」。

人:「私は、まわりであなたが何を論じているかを知らず、私は一人で住んでいる。」

警察:「連れ合いに来、植民しなさい。あなたが叫んでいるのがはっきりと聞こえた。あなたは彼女を殺そうとしていて、まき散らされる家具獲得があった。」

この時に、Facebookでの交換を文書化した役員は、人が、「非常に恥ずかしがる。」ようになると言った。

警察:「 連れ合いに来るかどうか?あなたは彼女に何をしたか?」。

人:「それはクモであった。」

警察:「残念?」

人:「それはクモ、本当に大きいものであった!」

警察:「女性を金切り声で言うのはどうか?」

人:「うん、それが私であったことが残念である。私はクモを本当に本当に憎悪している。」

役員は、カオスが、殺虫剤の缶で「少し大きいクモ」を追っている人により起こされたと気付くように、プロパティを検査した。

2015-10-14---オーストラリアの必殺の毒クモ!絶望的。
2015-09-15---クモを近づけない「spider-proof」は効果があるか?
2015-07-27---オーストラリアの北部で、13種類の新しいクモ種が発見された。
2014-09-11---女性が、テスコで購入したバナナから、「殺人者」の卵を発見。
2014-09-08---巨大なクモ「タランチュラ」解剖。
2013-08-02---死ぬかもしれないブラジルの毒クモ対策。
2013-02-13---スウェーデンのゴルファー、毒グモに刺されたと---