on-the-time.jp

2015年10月11日

飛行機の客室乗務員が女性を蹴り、乗客はブーイング!

観光

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は2015年10月13日に、どのような理由にしても、女性が飛行中に蹴られることはあってはならないので、、彼女の同乗者は、不快な出来事に、責任がある客室乗務員をやじったと、証人は言った。

女性のすぐ後ろに座っていたビル・バーン(Bill Byrne)は、アメリカン航空(American Airlines)フライトで、フェニックス(Phoenix)からオレゴンのポートランド(Portland)へのフライトで、2015年10月11日日曜日に報復的な客室乗務員から、彼を蹴ることを恐れて密かにビデオを撮影した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「彼はより多くの人々を振り捨てる用意ができていた。」と、バーンはKATU.comに、驚きエピソードを説明する間に、言った。

ビデオの中で、ティムという名の客室乗務員が彼の同僚の1人に彼女を指し示して、正体不明の女性は信じられずに泣いているのを聞かれることができる。そして、それから、その人は彼女にフライトから出るよう命じた。

「彼彼は、私に対してとても不親切でした!」乗客は、涙で、「私は何もしていなかった。」と言った。

あいにく、女性の嘆願は耳が聞こえない耳に降りかかった。
従って、彼女は彼女の座席を出て、通路へと進んだ。

女性が客室乗務員に謝る間、彼女の同乗者は、ちょうど降りたことによってそれらに不満を言った。

「これは最も悪い航空会社である」と、女性が言っているのは聞こえるかもしれない。一方、別の乗客は、中に、「あなたはたくさんの顧客を失った。」と調和していた。

そして、それらが飛行機からの女性を護衛した時に、集められた群衆は客室乗務員をやじった。

「それは夢中で、その貧しい女性はそんなに混乱していた。彼女はそれをうまく処理したけれども、あなたは、彼女のためにそれがスーパー当惑であるとわかることができた。」と、バーンは言った。

彼彼が、なぜ客室乗務員が女性を選出するかをわからないと付け加えた。しかし、他の乗客は、客室乗務員と乗客の間の誤った伝達が対決を引き起こしたかもしれないと報告した。

「私は、それに値している人々に会ったけれども、決して実際見られない。のは飛行機から投げられた誰か 」と、バーンは言った。

アメリカン航空のスポークスマンはポストを話し、「私達は、起こったことでよりよい理解を得るために、出来事を調査している。乗客は次のフライトにおいてポートランドに再予約された。」

客室乗務員は、ストレスが玉津かもしれないが、それが仕事である。

そう言えば、潰れる直前のPANAMでドイツのベルリンからミュンヘンに飛んだとき、どのようなスチュワーデスか楽しみにしていたが、45歳くらいの太った女性で、毛布が欲しいと言ったら、すぐだからいらないだろう。私は忙しいの!と言われた。確かボーイング373だったと思うが、その女性が一人であった。確かに忙しいのは解るが、こちらは意地で毛布を要求したら、投げてよこした。

昔からPANAMに憧れ、乗ってみたいと思い、あのきれいな制服を期待していたのにがっかりした。それが唯一のPANAMになった。

アメリカン航空も先が長くなさそうだ。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。