gaYa広告

2015年10月13日

インドのムンバイで、検視解剖直前に男性が生き返った!

健康

AFPは2015年10月14日に、インドの都市ムンバイ(Mumbai)で、検視解剖が開始される直前に検視台の上で目を覚まし、医療スタッフを仰天させたホームレスの50歳(一部におメディアで45歳と言っている)の男性が、再び死亡したと、病院や警察の関係者が2015年10月14日に、明らかにしたと報告した。

インド中で大騒ぎになっている。

この男性は、複数の感染症を患い、意識不明の状態で野外で倒れているところを警察官らによって発見され、ムンバイ市内の病院Sion Hospitalの医師が2015年10月11日に、死亡を確認した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

だが、検視解剖の開始直前に男性の呼吸が回復し、起き上がったので仰天した医療スタッフたちはあわてて男性を集中治療室に運び込んだ。

この男性は、重い栄養失調、アルコール依存症と薬物乱用の恐れもあるため病院で治療を受けていた。

ロクマンヤ・ティラク地方自治体総合病院の学部長スレマン・マーチャント博士(Dr Suleman Merchant, the dean of Lokmanya Tilak Municipal General Hospital)は、「彼は、顔と耳にウジがいたアルコール中毒患者であった。」と言った。

病院長ロハン・ロヘカー博士(Chief Medical Officer Dr Rohan Rohekar)は、モディ首相の訪問に伴う警護で多忙だった警察当局が「早く警備に戻りたいがために病院前の路上で診断を急がせた。」と主張した。警察の対応が診断ミスにつながったと批判した。

警察当局と医師らは誤診の責任を押し付け合っていたが、男性が感染症によって2015年10月13日の夜に死亡したことに関しては意見がしていると報告した。

昔の医者は非科学的であったことから、死亡診断書を書いた後に生き返ることはときどき起こり、そのために一晩以上の通夜が行われると聞いたことがある。

ムンバイ市内の病院Sion HospitalのGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
19°02'02.7"N 72°51'33.9"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。