2015-10-14

考古学者は、聖書の都市ソドムをヨルダンで発見されたかも!?

超過去

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、古代聖書(ancient Biblical)の「罪の都市(city of sin)」ソドム(Sodom)は、ヨルダンのサイトに取り組んでいる考古学者のチームにより発見されたかもしれないと報告した。

聖書の研究の教授、およびトリニティ・サウスウエスト大学の弁証学のスティーブン・コリンズ博士(Dr Steven Collins, a professor of Biblical studies and apologetics at Trinity Southwest University)は、死海の北東に8マイル横たわり、南のヨルダン谷の「奇怪な」Tall el-Hammamサイトは、青銅器時代の都市国家の説明とマッチしているという。

[AD] You can advertise on this site.

彼は、大衆的考古学(Popular Archaeology)に、旧約聖書によると、その隣人ゴモラ(Gomorrah)とともにどれが、火と硫黄により破壊され、それがソドムの「すべての標準」に遭遇すると言った。

2005年にそれに取り組みはじめたスティーブン・コリンズ博士は、「私は終えて、ソドムを見つけたかった。そして、その人は、エイブラハムと区域の時間、中間青銅器時代の間に存在した東のキッカール(Kikkar)で最も大きい都市を捜すべきである。」
「私達がエリアを探検した時に、事実上、ソドムのサイトとして、Tall el-Hammamサイトの選択が楽勝事であった。なぜなら、それは、全体の領域ですべての他の青銅器時代のサイトより、最低5から10倍大きかったからである。」と言った。

日付にBC3500年からBC1540年までと信じられるサイトは、一度2つの都市であったかもしれない大きい塚によりマークされる。

スカイ・ニュースは、上部には豊かで、エリートが住んでいた所という。

研究者は、『赤い宮殿』だけでなく高さ10mであることおよび厚さ5mの防御用の壁、門、塔、広場、および城壁を、上部の都市で発見した。

「それは、数百万のれんがが必要で、明らかに多くの労働者 、莫大な事業であった。」と、スティーブン・コリンズ博士は、言った。

彼は追加した防御用の構造が出現するか、その周辺の地形からの高さ30mであった-裕福な居住者および王の宮殿を保護するために使われたであろう。

都市での生活は、700年の間捨てられる前に半ばの青銅器時代の終わりの近くで停止したのを期待すると、研究者は言いました。

Tall el-HammamサイトのGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
31°50'22.0"N 35°40'48.0"E

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE