gaYa広告

2015年10月13日

年間野生生物の写真家賞で、年間賞は、「戦争きつね(Warring foxes)」

自然アート

BBC News、イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、「戦争きつね(Warring foxes)」が2015野生生物の写真家賞(2015 Wildlife Photographer of the Year)を勝ち取ったと報告した。

アマチュアのドン・ゴトスキー(amateur Don Gutoski)により撮られて、この写真は、きつねが、カナダのWapusk国立公園での必殺の攻撃に続いて、その北極のいとこの残骸を向こうに運搬する瞬間に捕らえた。

「それは、頭、ボディ、および尾部の対称である顔の表現でさえ。」「私の人生においてこれまで私がとったことがある最もよい写真である」と、ドンはBBCニュースに言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2種の狐はWapuskでオーバーラップをあざむく。
それはマニトバのハドソン湾(Hudson Bay in Manitoba)の岸を抱きすくめる。

そして、もしより大きい赤が北極の居住者を見つけるなら、それは北の種を餌食にしようとする。

公園の野生生物ガイドは、衝突を見ることについて話したけれども、これは、それが撮影中にドキュメント化された最初のケースのうちの1例であると考えられる。

審査パネルに座っていたキャシーモラン(Kathy Moran)は、きつね場面の恐怖が驚くほど控えめに述べられると言った。

「それは全然残虐ではなく理解した。実のところ、最初あなたが写真を見る時には、まるできつねが彼の冬のコートを脱ぐかのようにそれはほとんど見えた。」

博物学プロジェクトのための雑誌ナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)のシニアのエディタであるキャシーは、また、気候変化についての強力なメッセージ・イメージとそれを評した。

より高い地方は、普通互いの範囲を横切るために接触に入らない。許可動物を速く暖めている。


「それが北極でより暖かになり、亜北極帯で、きつねが、さらに北に、ホッキョクギツネにより占められた領域に動くことができるので、あなたはこれらの種類の緊張をますます得ようとしている。」と、彼女は言った。

ドン・ゴトスキーは、ロンドンのNHM(Natural History Museum/自然史博物館)の式典で火曜日にWPY(Wildlife Photographer of the Year/年間野生生物の写真家)に任命された。
NHMはコンペを所有し、組織する。

約100カ国から提出された42,000の作品を通して、審査員にソートされた。

現在50年以上続けられているWPYは、それぞれクラスのそれ自身のベストによって18のカテゴリーに分けられる。

2番目の大きい全体の賞は、年間ジュニア野生生物の写真家(the Junior Wildlife Photographer of the Year)である。

これは、チェコ共和国から14歳オンドレイ・ペラネク(Ondrej Pelánek from the Czech Republic)の写真、戦うひだえり(Fighting Ruffs)が受賞した。

オンドレイはノルウェーの北の遠くVaranger半島でそれらを撮った。

「これは、多くのおとなの写真家が捕らえようとした場面であり、オンドレイはそれを本当に得た。」
「それは版画である。行動すべてはそこにある。写真においてあなたが望んでいるすべての要素は、瞬間に一緒に入った。そして、それが私達の若い写真家のうちの1人により撮られたと知っていることが、それに特別な次元を与える。」と、キャシー・モランは言った。

写真は、これまでのように印画紙にやきつけられたのではない。
大きな液晶パネルで展示される。

つまり、写真は反射型から、透過型に進化した。

そして、大賞がアマチュアというのも時代を反映している。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。