2015-10-14

インターネットが、「Playboy」を不能にした。

性とメディア

BBC Newsは、インターネットがそれらを旧式にしたので、雑誌プレイボーイ(Playboy)が裸の女性の写真掲載を完全に止めると、その米国オーナーは言う。

それは、アメリカ文化への重要なインパクトを持っていた62年間のフォーマットの破壊である。

1953年以来の毎月、完全に裸の女性の折り込みページが広がり、プレイボーイを満たした。

つやつやのおとな男の雑誌は、そのポートフォリオにおいて有名人戦利品の過多を誇ったと報告した。

それらの名声のピークでマドンナ(Madonna)、シャロン・ストーン(Sharon Stone)、およびナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)の写真が撮られた。

ケイト・モス(Kate Moss)はバニーになって、その表紙のためにポーズをとった。

リンゼイ・ローハン(Lindsay Lohan)とパメラ・アンダーソン(Pamela Anderson)も表紙を飾った。

雑誌は、それを、男性至上主義者および女性に身を落とすと考えられ、いくつかを傷つけたかもしれないけれども、裸を省いているプレイボーイのアイデアは、想像不可能であった 。

しかし、2016年03月に、それは起こる。

「あなたは、現在、無料で想像できるすべての性行為からの1回のクリックである。そして、この連携の時に、それがまさに時代遅れであること。」とプレイボーイ取締役会長スコット・フランドル(Playboy chief executive Scott Flanders)の発言として、ニューヨーク・タイムズに示された。

再デザインされたプレイボーイは、まだ「世界の最も美しい女性がセクシーで、誘惑的な画報」を特徴としているけれども、裸は完全に追放される。

それは、一世代のアメリカ人男性のための通過儀礼であった。青春期の寝室または庭小屋の不法なスリル-そして役立ち アメリカの性革命を引き起こす。文化的な現象を終える。

その最初の編集長ヒュー・ヘフナー(Hugh Hefner)は雑誌を完全な裸に基づかせていた。

マリリン・モンローは雑誌の最初の表紙と中央の見開き(the magazine's first cover and centrefold)にすばらしく出現した。

ヘフナーは雑誌の意図を隠さなかった。

「もしあなたが18歳から80歳の男性であるなら、プレイボーイはあなたのために意図されている。」と、彼は最初の問題を書き込んだ。

「私達はまさしくその開始からそれをクリアにしたく、私達は『ファミリー雑誌(family magazine)』ではない。もしあなたが、誰かの姉妹、妻または義母および私達が誤って拾われることであるならば、どうぞ、あなたの人生において一緒に私達を人に手渡し、あなたの婦人家仲間に戻ってください。」

彼は「喜び入門書(pleasure-primer)」と説明し、彼はそれを作成したかった 。

「現在の『男性のための雑誌』のほとんどは、屋外にすべて、それらの時間を過ごす。速い流れストリームにおいてトゲだらけの茂みを通って脱穀するか、またはまわりにはねかかる。
私達は、カクテルとオードブルまたは、その2つ、ピカソ(Picasso)、ニーチェ(Nietzsche)、ジャズ(jazz)、セックス(sex)での静かな議論のため、女性の知人においてわずかなムード音楽を蓄音機に置き、招待することを楽しむ。」と、それは言った。

50,000部がそれぞれ50セントで、棚から離れて飛んで売却された。

Taschenの「6ボリュームの男性の雑誌のエディタ(six-volume history of men's magazines and an editor)」の作者ディアン・ハンソン(Dian Hanson)は、ヘフナーが、第2次世界大戦(World War Two)の終わりに明らかになった新しい消費態度を活用したと言う。

「アメリカは相対的に無傷の戦争の外で、ヨーロッパのように苦しまなかった。多くの若い人は、戦いではなく、より大胆な物、より多くの裸を経験したのを見て、それらが戻った時には、何か違いを望んだ。」

「それが最初の裸の雑誌ではなかっただけではなく、マッチョなヘミングウェイのような生活様式多くの人が関連しなかったことを示すというよりも、それはプレイボーイでおおよそ、丈夫な男であるようにそれらが持っていなかったやせこけているインテリジェントな男を示した。それはオタクのセクシュアリティへの道であった。どれが、女の子をつかまえるために、どんなヘフナー自身がしたかである。」と、彼女は言う。

それほど嫌いなものだったのだろうか?
平和なアメリカを出て、戦場に送り込まれた若者は、恐怖で掻き立てられた性欲を近くの女性に爆発させ、成功した男と、成功しなかった男が、嘘と真実を混在させたまま、帰国して、雑誌「プレイボーイ」は、嘘を真実に置き換えてくれたのではないだろうか?

プレイボーイの最盛期の間に、読者は、そのライティングとジャーナリズムのために彼らがそれを読むともっともらしく主張できた。

雑誌は、他の間に、カストリ作家のジャック・ケルアック(Jack Kerouac)、ジョゼフ・ヘラー(Joseph Heller)、村上春樹(Haruki Murakami)、およびマーガレット・アトウッド(Margaret Atwood)によって、物語を出版し、フランク・シナトラ(Frank Sinatra)、マルコムX(Malcolm X)、ジミー・カーター(Jimmy Carter)などの有効数字に文化的に、政治的にインタビューした。

しかし、裸はいつも雑誌の大きいセールスポイントであり、そのページを飾ることに引き付けた。または、うまく取り扱われた有名な女性の大衆は描いた。

「写真のうちのいくつかがかなり驚異的で、ポップ・カルチャーになった。彼女の白人に対するわな装備のナオミ・キャンベル(Naomi Campbell in her white trap outfit)。アメリカの女優ボー・デレク(American actress Bo Derek)。」と、ハンソンは言う。

「雑誌エスクワイア(Esquire)はテンプレートであった。それらはピンナップにペイントしたけれども、それらは裸体画を持っていなかった。ヘフナーは、基本的に、より年上の人に、よりより若い人の必要に適合させられる雑誌を再設定し、それから、それをより遠くへのステップを取った。」と、彼女は言う。

しかし、それらがすべて、インターネットで古くなり、捨てられた。
村上春樹がノーベル文学賞を取れないのでいらだっていたと言うが、ノーベル文学賞を今さら村上春樹に渡して、どうすると言うことだろう。

プレイボーイの流通は1972年に716万部を超えるコピーでピークに達し、伝えられるところでは1970年代にすべてのアメリカ男性大学生の4分の1がそれを読むことによって、それは文字どおりに、セックスを1世代のアメリカの男性に説明した。

プレイボーイ雑誌の成功は、ヘフナーがプレイボーイ大邸宅を建てることを可能にして、プレイボーイライフスタイルの上昇に譲歩したホステスを持つクラブがバニー・スタイルで無限のプレイボーイ商品で着飾ったプレイボーイを作成した。

フェミニズムの高台はある批判に通じて、女性は対象化された。

米国フェミニストとジャーナリストのグロリア・スタイネム(Gloria Steinem)は、1963年に直面している条件ウエイトレスを示した「バニーの物語(A Bunny's Tale)」を書くために、ニューヨークプレーボーイクラブ(New York Playboy Club)で極秘に働いた。

しかし、ハンソンは、プレイボーイ雑誌が、まともで、均一な望ましい物、「自身を見せびらかしなさい」として女性のための場所であったと主張している。

「それは貧しい女の子のページェントであり、祖母は是認する」と、彼女は言う。

それはまた、女性の雑誌出版の新しい時代に案内した。
コスモポリタン(Cosmopolitan)は、1972年の中央の見開きで、そして1973年6月に出たプレイガールのデビュー問題としてバート・レイノルズ(Burt Reynolds)の裸の写真を出版した。

よりみすぼらしい米国競争相手は、すぐハスラー(Hustler)とペントハウス(Penthouse)のような雑誌が到着する一方、格言、材料、FHMなどのいわゆる若者magsは、後でついて行った。

しかし、それはどの作られたポルノもっとすぐに入手可能であるインターネット時代で、その発行部数は800,000部に落ちている流通のために非難した。

会社は、もう、そのきびきびした写真からそのお金のほとんどを作らない。

代わりに、それは、商品のそのロゴをライセンスすることから作られる。

プレイボーイのWebサイトはすでに裸を追放し、Wenトラフィックは4倍になった。

これらは、アップルのiTunesでの影響が大きいだろう。
アップルは、ポルノを拒否し、裸を嫌った。

さらに、プレイボーイを舞台にした性犯罪者ビル・コスビー(Bill Cosby)が大きく取り上げられた。
プレイボーイを舞台にした性犯罪者は、完全に汚点で、誤算あった。

雑誌のエグゼクティブは、印刷バージョンがその歩みに続くことを望む。

しかし、ハンソンは確信しない。

「どうにかしてヒップスターの新しい繁殖がレトロな雑誌をビニールレコードのような流行に取り戻さない限り、裸なしでは、プレイボーイは、もたついている獣である。」と、彼女は言う。

2015-10-13---米国の男性雑誌「プレイボーイ」、来年からヌード掲載中止!
2015-08-20---新しい2人のコスビー告発者が志願し、合計約50人になった。
2015-07-27---B・コスビーの性的暴行疑惑、被害女性35人。
2011-05-19---雑誌「Playboy」が、57年分のバックナンバーをオンライン提供。
2011-01-19---iPad用にプレイボーイが無修正で、3月に登場!
2010-12-26---84歳のプレイボーイ創業者が、60歳年下のガールフレンドに求婚!
2010-12-08---Playboyが所有するアート・ワークがオークションで売却!
2010-10-20---雑誌「ペントハウス」の創設者ボブ・グッチョーネが死去した。
2010-04-09---ヒュー・ヘフナーが84歳の誕生日。
2010-02-21---iPhoneのポルノ戦争!
2010-02-20---アダルトiPhoneアプリケーションのためのアップルの規則。
2009-12-14---Appストアのポケット・ガールフレンド!
2009-12-10---ポルノを完全拒否していたiPhoneで公式Playboy App公開!
2009-03-25---元モデルのアンナ・ニコル・スミスの死因で、再調査。
2008-08-01---日本語版「Playboy」休刊、世界中を駆けめぐる!
2008-04-07---有名な「プレイ・ボーイ」がモバイル業界に参入。
2007-12-31---2007年に起こったポップカルチャーを公開した。
2007-12-11---ペントハウス、憎っくき「ポップアップ」元祖大人向けSNSを買収!
2007-09-28---Playboyのジレンマ、モバイルでも!?
2007-04-05---インドネシアで出版された雑誌「Playboy」の編集長に対する裁決。
2006-12-07---インドネシアの「Playboy」猥褻事件裁判が始まった!
2006-06-30---インドネシアのPlayboy編集長とモデル2人取り調べ中!
2006-06-07---モスレム大国インドネシアでPlayboy第2号を発行した。
2006-04-20---インドネシアで雑誌に「Playboy Indonesia」が創刊された。
2005-09-14---初のデジタル版PlayBoyの案内。
2004-10-11---新華網がた雑誌「Playboy」の表紙の歴史を紹介した。
2004-09-08---「Playboy」が出会い系デート・サービス?
1960-02-29---最初の「Playboy Club」をオープンした。