gaYa広告

2015年10月13日

ロケット弾でシリアのロ大使館報復攻撃!

戦争と平和

AFPは、シリアの首都ダマスカス(Damascus)のマズラー(Mazraa)地区のロシア大使館(Russian Embassy Damascus/Embassy of the Russian Federation to the Syria Arab Republic)で2015年10月13日午前に、ロケット弾2発が撃ち込まれたと報告した。

AFPのカメラマンによると当時大使館の近くでは約300人が参加して、ロシアのシリア空爆を支持する人たちの集会が開かれており、現場はパニックに陥ったという。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

集まっていた人たちがロシア国旗を振ったり、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)ロシア大統領の写真を掲げたりしていたところロケット弾が撃ち込まれた。

ロシアのインタファクス(Interfax)通信がロシア大使館高官の話として伝えたところによると、ロケット弾は午前10時15分(日本時間同日午後4時15分)に打ち込まれたが、死傷者は出なかった。

在イギリスの監視団体「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると、ロケット弾はイスラム武装勢力の陣地があるダマスカスの東端から発射されたものだと行っている。

今年4月には大使館の敷地に迫撃弾が着弾して3人が負傷し、翌月には大使館近くに着弾した迫撃弾で1人が死亡するなど、ロシア大使館はこれまでにも攻撃の対象になっていた。

2015年09月20日にも大使館の敷地に迫撃弾が着弾した。死傷者は出なかったが、ロシア政府は砲撃の背後にはシリアの反体制派とその「外部の支援者ら」がいたとして、2015年09月21日にシリア政府に対して「具体的な行動」を取るよう要求していた。

シリアにまだ大使館があった方が驚きである。

シリアの首都ダマスカスのロシア大使館(Russian Embassy Damascus)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
33°31'32.4"N 36°18'04.0"E

2015-10-08---トルコ上空侵犯で訴えられたロシアは、カスピ海からミサイル攻撃を開始!
2015-10-07---ロシア国防省は、シリア空爆で米国主導の有志連合との調整を示唆。
2015-10-07---シリアで、誰が誰と戦っているのか?90秒で説明するビデオ。
2015-10-01---ロシアのシリア空爆でIS戦闘員12人死亡!
2015-09-30---ロシア上院、シリア空爆を承認。
2015-09-30---シリア危機、ロシアはアサド大統領の敵に空襲を開始した!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。