2015年10月11日

ベン・カーソンのホロコーストとユダヤ人の銃装備に対するバッシング!

政治

米国の雑誌「TIME」は、共和党の大統領候補ベン・カーソン(Republican presidential candidate Ben Carson)は、もしユダヤ人が銃によって武装したならば、ホロコーストが「大いに減少する」かもしれないという彼の主張を日曜日、CBS’s Face the Nation on Sundayで防御したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「それは全然誇張ではない」と、カーソンは言った。

「それが私達の戸口にあるか、または、それが向こうの50年であるかどうかにかかわらず、それはまだ懸念であり、私達がそれを警戒しなければならないことが何かである。それは、構成を持っていることの本当の目的のうちの1つである。私は、創立者が、可能性を見て、他の場所で起こり、ここでそれが起こることを防止する何かをまとめようとしているものを理解していることに本当にまったく洞察力があったと思う。」

下のカーソンの二倍になりは、木曜日のコメントのすぐ後にCNNのウルフ・ブリザー(Wolf Blitzer)とのインタビューで出現した。

「もし人々が武装したならば、私は、彼のゴールを遂行することができてヒトラーの可能性が大いに減少したであろうと思う」と、カーソンは言った。

「私は、あなたに、これらの独裁者のが最初に、銃を取るという理由があると言っている。」

カーソンのコメントは、彼のただ出版された本「A Perfect Union」でホロコーストのため彼がナチスの銃コントロールを引用することで表現され、議論とエコー意見をけしかけた。

「銃を取り除き、人をだます宣伝をばらまくことの組み合わせを通じて、ナチはほとんど抵抗なしでそれらの悪い意図を実行することができた。」とカーソンは書く。

批評家は、イベント自身の原因としてのホロコーストに先がけて直ちに銃コントロールへのカーソンの配置非難が間違った方へ導かれて、不正確であると主張する。

カーソンは最近銃権利の上で数回砲火をあびたことがある。

彼は、「決して、自身を向こうに武装させる権利を取るより破壊的であった銃弾穴で体を見てはならない。」 と言って、Facebookメッセージを、銃権利の防御において彼の議論を引き起こした。

彼カーソンは、そのインタビューにおいて、その「銃は人々を殺さない」を強調した。

彼らはジャンキーである。人々を殺さない銃は、フェルトででき絶え入るのかもしれないが、人々を殺さない銃では、ナチは引き下がらないだろう。

こんな幼稚な弁論を展開する人が、共和党の大統領候補で大丈夫なのだろうか

あまりにもタイミングが悪すぎる。

アメリカの政治家は、ときどき目立つことを言って、票を集めるが。間違うと墓穴を掘ることになる。

なぜ、ナチとヒトラーが唐突に出てきたのだろう、

2015-10-09---ベン・カーソン、銃を持っていたなら、ユダヤ人はホロコーストを止めた!?
2015-09-20---いずれ激突する、米国にとって最大の問題!
2015-08-27---バージニア銃撃犯は、医学の助けを必要としていた。
2015-08-15---ニューヨーカーは、本当にどろどろなことを明らかにする。
2015-05-06---米国の2016年選挙で、最も豊かな大統領候補者は誰か?
2014-12-29---次期米国大統領選で、世論調査ではヒラリーがJ・ブッシュに勝利!

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト