gaYa広告

2015年10月11日

誰もいない、捨てられた栄光空間。

アート観光経済

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、錆びている鉄道駅、全体のゴーストタウンへの砂満たされた家から、あきらめ場所に通い、そこに美点を持っていることを確認するため、リチャード・ハッパー(Richard Happer)は、ベストを見つけるために世界を旅行したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

15年前、リチャードハッパーは小さなスコットランド島に滞在し、St Kildaに向かってボートで漕ぎだした。

St Kilda群島の40マイル西がヘブリディーズ(Hebrides)諸島の最西方のポイントであり、たぶんイギリスで最もかけ離れた場所ノースウィスト(North Uist)。

1920年代まで、そこには、約80人の小さいけれども決然とした人口を持っていた。

1930年までに、島は完全に空にされて、病気と収穫不足の組み合わせによって居住に不適当にされた。

家の捨てられた殻が草において捨てられて座るのを見て、ハッパーは感動した。

「私は恋をした」と、彼は言う。

「外の世界がこれらのリモートの人々に追い付き、彼らがそこに生きていることが困難すぎた。従って、全体の人口は立ち上がらせ、捨てられた。それを訪問することはまったく興奮させていた。私は、人々が知らなかった私達の戸口にすべてのこれらの場所があることに気がついた。」

これらの捨てられた場所への彼の愛情は、その時以来増大した。

彼は今やそれを本に変えた。

短いテキストが、起こったことを説明して、それは、60の捨てられた場所を世界中から特徴とする。

いくつかがマチュピチュやチェルノブイリなど非常に有名である。

その本「Abandoned Places by Richard Happer」は、Harper Collinsから£20で発売された。
bookshop.theguardian.comでは、£16,で購入できる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告