2015-10-10

まだ続く。インドの牛肉問題!

宗教政治犯罪と裁判食品

AFPは2015年10月11日に、インド北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州でイスラム教徒の男性2人が、ヒンズー教国で神聖な動物とされる牛を解体したという理由で暴徒に襲撃され、暴力に加担したとみられる男性21人が逮捕されたと報告した。

2015年10月10日のインドの新聞「タイムズ・オブ・インディア(Times of India)」などによると、2015年10月09日に牛が解体されたという噂が広まると、約500人が竹槍やこん棒を持って集まり、イスラム教徒たちの店に放火した。
警察は催涙ガスなどを使ってこれを鎮圧した。暴徒に殴られるなどしたイスラム教徒男性2人は重傷を負い、病院で治療を受けていると伝えている。

事件後の調査で、この牛は病気などの理由で死んでからしばらく経っており、暴徒に襲撃されたとき、男性2人は皮をはいでいただけだったという。

インドでは、ヒンズー至上主義のナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相が就任して以来、イスラム教やその他の少数派宗教に対する不寛容が増しているとして、物議を醸している。

ウッタルプラデシュ州では最近も牛を食べたことを疑われたイスラム教徒の50歳の男性が殺害されている。

宗教的に、自分が食わないのは問題にならない。しかし、だからあなたも食うなは、大きなお世話である。

2015-10-09---ナレンドラ・モディは、牛肉リンチ殺人事件に静けさを要求。
2015-10-08---インドのヒンズー教根本主義とビーフ調査。
2015-10-05---インドでの牛肉リンチ殺人事件!
2015-09-25---農業の産業化は、歴史の中で最も悪い犯罪のうちの1つである。
2014-09-29---ホワイトハウスの晩さん会で、モディ首相は水しか飲まなかった。