on-the-time.jp

2015年09月25日

あなたが衝突を憎悪しているなら、幸福なシングルでいよう。

性とメディア美容と医学の科学健康教育自然宗教

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、どれほど多くの人々が結婚することが、シングルより幸福で、より健康であるかについてのたくさんの研究がある。

それなのに、これまでより多いシングルの人々がいる。
従って、私達すべてはみじめであるはずがない?
ロマンチックな関係なしでどんな種類の人々が正しい罰金を払うか?

それらは、オークランドの大学の博士の心理学学生ユチカ・ギルム(Yuthika Girme)が、2015年08月出版されたそれらの研究で、彼女の同僚をアニメーション化している問題であったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「すべてのこれらのシングルの人々がみじめであることは、本当に意外であるようであった。」と、ユチカ・ギルムは電話インタビューで言った。「従って、私達は、実際、シングルであることが誰に良いかもしれないかを見つけ出すために、狩猟に行った。」

最初に、約200人の学部の学生を調査した。彼らは、そして18歳から94歳までの4,000を超えるニュージーランド人を見るそれらの研究は、ちょうど、ロマンチックな関係のそれらと同じくらい、衝突をひどく嫌った。または、研究者の用語の時に「逃避ゴールにおいて高く」シングルが幸福であると気付いた。

逃避ゴールで高い人々は、それらに起こる悪い事を避けようとする。

ユチカ・ギルムは注釈として、ガールフレンドの最初の反応は、「それは、男性達ががそれらのガールフレンドに花を買う時のように親切である。」そこで、「あなたは何で間違いをしたか?」である:。

これらの男性達で、見つけられた研究は、「シングルであることは、関係の潜在的な傷と拒絶に対して保護する利点を提供できる。」ためであった。

もちろん、衝突をひどく嫌った人々が、まだ傷と拒絶に直面しているかもしれないシングルと高齢になっているけれどもどのような不満でも、むしろ分類されるようである。

「それらは拒絶のため不幸である」Girmeは言う。

「それらの人生でより一般的。彼らが単一であることによって関係衝突を避けることができるので、彼らはそれらのライフでよりうれしい。」

例えば、もし日付に、高い逃避人が、決して2番目の日付呼びかけない誰かと行くならば、その人はそれを良い物とみなすであろうと、ユチカ・ギルムは言う。

その中で、もしそれらが関係においてそんなふうにふるまおうとしているなら、私はたぶん、悪い関係を避けている。

「[衝突を避ける]その動機づけは、それらをある点で保護する」と、ユチカ・ギルムは言う。「人々の逃避ゴールは関係のネガティブな部分からそれらを保護する。」

ほとんどの男性達は。その関係でより幸福である。

しかし、研究に従って、幸福のその増加は、「低い逃避」を処理することで、衝突はよく、および関係のすべてのタイプにおいて近さと接合を最大化しようとする男達について、男達のためにより不毛であると。研究者が「アプローチゴールにおいて高くなる」と考えた。

しかし、衝突ひどく嫌った人々は、それらが関係にあるかもしれないより、幸福なシングルである傾向があった。

確かに、結婚を義務化する時代は、もう古くなった。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。