gaYa広告

2015年10月02日

携帯電話による高額請求書によるトラブルは低下。

犯罪と裁判

Cellular-News.comは、ACMA(Australian Communications and Media Authority/オーストラリア通信とメディア権限)によりリリースされた新しい研究によると、不意に高い携帯電話請求書を経験する消費者の数は低下した。

2013年の33%に比べて、最近の12ヶ月の予期される請求書より高くポストが支払われた携帯電話請求書支払い人の27%が、受け取った。

正常な請求書に比べてのより高い請求書の平均的な超過された量は、21%低下した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2015年02月にNewspollにより導かれて使う管理ツールと、警告調査2015トラック携帯電話請求書支払い人の自覚、および不意の使用に高い請求書のそれらの経験だけでなく、管理ツールと警告を使う。

2013年9月から、新しいTCPコード(Telecommunications Consumer Protection Code/テレコミュニケーション消費者保護コード)の導入の後に含まれる用法の50%、85%、および100%でデータ、音声、およびSMSの計画内に『含まれる値』と関連する使う管理警告においてプロバイダーがフェーズに必要であった。

これは、2011年にACMAによるRTC(Reconnecting The Customer/顧客一般大衆)問い合わせを再接続することのキー結果であった。

研究は、消費者が、今、入手可能な使う管理ツールの範囲を使っていると気付き、SMS警告(67%)は最も一般的な使用であった。

SMS警告を受け取った人々で、これらが92%有益であることを発見した。

ACMA会長クリスチャップマン(ACMA Chairman, Chris Chapman)は、「それは管理警戒警報期間を過ごす消費者経験を改善しているために、それを見るのに快い。」
「産業は、確かに、このシステムを場所に入れるために、いくつかの重い上がりをしたけれども、するより多くの仕事がある、研究が警告のタイミングなどのいくつかの消費者問題を識別することのにつれておよびどのようにそれらを効果的に使うか、だけでなく、それらの携帯電話手当から最も多くを取り出す他のツール。」と言った。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。