2015年10月02日

14歳のボディに閉じ込められた42歳の男性。

人物健康美容と医学の科学

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、ブルックリンのマリオ・ボスコ(Brooklyn’s Mario Bosco)は、彼のクラスで、最も小さく、最もやせこけた少年が、いじめられることに慣れた。彼は、厨芥溜めにおいて彼が無遠慮に捨てられたか、または階段の下に押された時の数の計算を失ったと報告した。

しかし、彼の成長を制限しているまれな病気に苦しむ小さくてつまらない男子生徒は、彼の反響防止スクリーンに彼を降ろさせて、彼の違いを抱擁し、それらからショービジネス・キャリアで、最終的に治療を断った。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

けれどもの14歳子供のボディの中の42歳のボスコが、汎下垂体機能低下(panhypopituitarism)によって彼の旅を記録した回想録「From Hopeless to Hollywood: The Mario Bosco Story」を書いた。

誕生で彼の脳下垂体(pituitary gland)に損害に起因していた無秩序は、永久に彼が映画とテレビの子役と若者役を果たすことを可能にした。

「私は私の条件を恩恵と本当に見なす」ボスコは言い、ミッドウッド(Midwood)で成長し、現在ベンソンハースト(Bensonhurst)に住んでいる。

「それは私のためのそんなに多くのドアを広げた。」

最近は、彼はたいてい背景またはスタンド−イン・アーティストとして働くけれども、彼は、「NYPD Blue」と「The Best Damn Sports Show Period,」「Jimmy Kimmel Live!」に出ている。

「私はいくつかの驚異的な経験を持ち、たくさんの有名な人々を知っている。」と、彼はニューヨークポスト」に誇らしげに言う。

「私は、これのどれも起こって欲しくないことであろう。もしもそれが異なるように見えないで、聞こえたのを感じた。」

ボスコの物語は1973年1月に彼の誕生から始まった。

その時彼は、食べることを拒否し、成長しないので、医師を惑わした。

彼の幼年期にわたって常に扱われ、それらの後に、彼が汎下垂体機能低下として診断された。

病弱な少年は、彼の人生は、彼のブルックリンで家で最初の14年費やした。
マンハッタンのマウントシナイ半島病院Mount Sinai Hospital in Manhattan)で、針を注入されて、管を通して医学生により栄養が供給されて、吟味にされる 。

「それは恐ろしい経験であった。」とボスコは思い出す。
「私は向こうにおいて看護婦から立ちすくんだもので、突き刺される隣の子供ではないように、本のすべての計略を考案した。」

その期間の間の彼の主要な慰めのうちの1つは、彼に現実逃避の感覚を与えた「声援」などのテレビショーを見ていた。

彼が病院を離れていた時には、彼は、Midwoodの「コスビーショー(The Cosby Show)」のNBCスタジオセットのまわりにぶら下がっているのに時間を費やした。彼の翼の下でビル・コスビーが彼をつかまえて、彼のために付属物として仕事を取ってきた所。

これは、結局、「NYPD Blue」のエピソードにおいて自身のように1人の登場人物あたり、1つの主要なロール・プレーイングを多くもたらした。

それでボスコは1999年に映画に向けて、ロサンゼルスに旅行した。

数年早く、医師は、思春期を引き起こすように、テストステロン(testosterone)を含むようにボスコが、成長ホルモンを飲むことを提案した。

しかし、彼が自身を子供の役割が専門の俳優に落ち着かせたので、彼はそれをやめることにした。


「その時、ショービジネスの私のキャリアはちょうど離陸するところで、私は映画のコマーシャルとビット部分をしていた」と、ボスコは言う。

「私は考えて、『Y』は知り、私の人生は悪いことではなく、私は、私が固執できる何かを得た。」
「いつも、私が、それが、私が誰であるかを変更すると知っていたので、私はホルモンを断った。私は、見ている4フィート10の人と言われるようになりたくなかった。」

ギャンブルは成功した。

そう言えば、日本にも白木みのるという生涯子役の俳優が居た。

身体の弱点は、障害者ではなく。それを生かしたスーパー・スターになれる。

実は、すべてが平均の身体は存在しない。

すべてが何らかのコンプレックスを持っている。

何らかの違いがあり、それを前に押し出すと、弱点が、ユニークになり、特徴になり、有利になって、誰にもできないことができるようになる。

つまり、あなたはオンリー・ワンになれる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告