2015年10月02日

14歳のボディに閉じ込められた42歳の男性。

人物健康美容と医学の科学

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、ブルックリンのマリオ・ボスコ(Brooklyn’s Mario Bosco)は、彼のクラスで、最も小さく、最もやせこけた少年が、いじめられることに慣れた。彼は、厨芥溜めにおいて彼が無遠慮に捨てられたか、または階段の下に押された時の数の計算を失ったと報告した。

しかし、彼の成長を制限しているまれな病気に苦しむ小さくてつまらない男子生徒は、彼の反響防止スクリーンに彼を降ろさせて、彼の違いを抱擁し、それらからショービジネス・キャリアで、最終的に治療を断った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

けれどもの14歳子供のボディの中の42歳のボスコが、汎下垂体機能低下(panhypopituitarism)によって彼の旅を記録した回想録「From Hopeless to Hollywood: The Mario Bosco Story」を書いた。

誕生で彼の脳下垂体(pituitary gland)に損害に起因していた無秩序は、永久に彼が映画とテレビの子役と若者役を果たすことを可能にした。

「私は私の条件を恩恵と本当に見なす」ボスコは言い、ミッドウッド(Midwood)で成長し、現在ベンソンハースト(Bensonhurst)に住んでいる。

「それは私のためのそんなに多くのドアを広げた。」

最近は、彼はたいてい背景またはスタンド−イン・アーティストとして働くけれども、彼は、「NYPD Blue」と「The Best Damn Sports Show Period,」「Jimmy Kimmel Live!」に出ている。

「私はいくつかの驚異的な経験を持ち、たくさんの有名な人々を知っている。」と、彼はニューヨークポスト」に誇らしげに言う。

「私は、これのどれも起こって欲しくないことであろう。もしもそれが異なるように見えないで、聞こえたのを感じた。」

ボスコの物語は1973年1月に彼の誕生から始まった。

その時彼は、食べることを拒否し、成長しないので、医師を惑わした。

彼の幼年期にわたって常に扱われ、それらの後に、彼が汎下垂体機能低下として診断された。

病弱な少年は、彼の人生は、彼のブルックリンで家で最初の14年費やした。
マンハッタンのマウントシナイ半島病院Mount Sinai Hospital in Manhattan)で、針を注入されて、管を通して医学生により栄養が供給されて、吟味にされる 。

「それは恐ろしい経験であった。」とボスコは思い出す。
「私は向こうにおいて看護婦から立ちすくんだもので、突き刺される隣の子供ではないように、本のすべての計略を考案した。」

その期間の間の彼の主要な慰めのうちの1つは、彼に現実逃避の感覚を与えた「声援」などのテレビショーを見ていた。

彼が病院を離れていた時には、彼は、Midwoodの「コスビーショー(The Cosby Show)」のNBCスタジオセットのまわりにぶら下がっているのに時間を費やした。彼の翼の下でビル・コスビーが彼をつかまえて、彼のために付属物として仕事を取ってきた所。

これは、結局、「NYPD Blue」のエピソードにおいて自身のように1人の登場人物あたり、1つの主要なロール・プレーイングを多くもたらした。

それでボスコは1999年に映画に向けて、ロサンゼルスに旅行した。

数年早く、医師は、思春期を引き起こすように、テストステロン(testosterone)を含むようにボスコが、成長ホルモンを飲むことを提案した。

しかし、彼が自身を子供の役割が専門の俳優に落ち着かせたので、彼はそれをやめることにした。


「その時、ショービジネスの私のキャリアはちょうど離陸するところで、私は映画のコマーシャルとビット部分をしていた」と、ボスコは言う。

「私は考えて、『Y』は知り、私の人生は悪いことではなく、私は、私が固執できる何かを得た。」
「いつも、私が、それが、私が誰であるかを変更すると知っていたので、私はホルモンを断った。私は、見ている4フィート10の人と言われるようになりたくなかった。」

ギャンブルは成功した。

そう言えば、日本にも白木みのるという生涯子役の俳優が居た。

身体の弱点は、障害者ではなく。それを生かしたスーパー・スターになれる。

実は、すべてが平均の身体は存在しない。

すべてが何らかのコンプレックスを持っている。

何らかの違いがあり、それを前に押し出すと、弱点が、ユニークになり、特徴になり、有利になって、誰にもできないことができるようになる。

つまり、あなたはオンリー・ワンになれる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。