gaYa広告

2015年10月02日

韓国のティンエイジャーの私生児出産。

性とメディア

BBC Newsは、妊娠したティンエイジャーのSuji(彼女の本当の名前ではない。)は、そのまま出産して良いか、それたの子供を養うべきかで悩んでいる韓国の多くの若い女性のうちの1人であると報告した。

儒教の国韓国では、結婚生活の以外で誕生した子供と母は、汚名である。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

過去には、望まれないで出産した赤ちゃんは、海外に養子に出された。

しかし、最近、法律は変わり、国際的な養子を限定するようになった。

そして、これは思いがけない副作用をもたらした。
捨てられて、孤児院に終わる赤ちゃんが数百人も急増した。

2015年10月03日のBBC World Newsと2015年10月04日のBBC News Channel on Saturdayで、Sujiのジレンマを話す番組が公開される。

そう言えば、儒教の国韓国の堕胎、中絶の現場を報告し、胎児はゴミのように扱われてきたと報告した。

韓国は、売春が違法である。しかし、米兵が駐留していることから、実質的にはそれは守られていない。

2015-02-13---今週、中絶した女性のことで、莫大な活動がオンラインで起こった。
2014-06-09---「儒教」の国、韓国の祖母は、売春をする。
2014-05-18---病気の赤ちゃんの世話。そのジレンマは貧しい中国が直面。
2014-04-15---アリゾナ州の中絶医院で、抜き打ち検査を許可する法案に署名。
2014-01-14---中国の産科医、新生児売買で執行猶予付き死刑判決!
2012-07-06---中国の子供取引ギャングを摘発し、181人の子供を救出。
2012-07-02---中国伝統の「胎盤食」で、闇市場!
2012-06-14---中国で中絶写真がWebで公開され、衝撃を与えた。
2012-03-09---ジョージア州議員は、女性を雌牛とブタ、ニワトリに比較!
2012-01-19---危険な中絶、上昇中!
2011-11-22---オーストラリアの病院で起こった、手違い赤ちゃん堕胎殺人事件!
2011-10-22---インドの「望まれない少女達」は、新しいスタートを切る。
2011-09-18---リヒテンシュタインは、中絶合法化を拒絶。
2011-08-10---妊娠7週間の胎児の性別が、血液検査で決定できる。
2011-06-07---別れた彼女が妊娠中絶し、大騒ぎ!
2011-05-23---インドで求められていない赤ちゃんと、求められていない少女。
2011-01-19---妊娠中絶医院で「赤ちゃんを殺しました。」
2010-11-27---タイで、堕胎胎児の発見は妊娠中絶のタブーをブレークした。
2010-09-27---ビデオ遠隔医療で、堕胎薬を配信し、米国で大問題!
2010-04-21---早産の赤ちゃんの生存率と障害率。人は妊娠してから、いつ人格を持つか?
2009-12-03---韓国で、中絶手術による摘出物、ほとんどが一般廃棄物!
2005-06-08---ポスト妊娠中絶カウンセリングでコメントの洪水。
2005-06-01---ポスト妊娠中絶カウンセリングでコメントの洪水になった。
1988-06-17---実子斡旋は違法と判決した。
1967-10-27---イギリス妊娠中絶法(UK Abortion Act)を承認した。
1967-07-14---イギリスで妊娠中絶が合法化された。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告