2015年09月25日

農業の産業化は、歴史の中で最も悪い犯罪のうちの1つである。

自然健康美容と医学の科学

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、産業上飼育された動物の運命は、私達の時間で倫理の疑問のうちの1つである。

複雑な感覚と感情を持つそれぞれが、生産ラインに残り、数百億の感覚がある生き物が死ぬ。

動物は歴史の主要な犠牲者であり、産業の農場の家畜化された動物の取り扱いは、たぶん、歴史の中で最も悪い犯罪であると報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

人の進歩の行進は、死んだ動物をまき散らされる。

人は、どこまで無意識に残酷になれるか?

数万年前でさえ、私達の石時代の祖先はすでに一連のエコロジカルな災害について責任があった。

約45,000年前最初の人がオーストラリアに到着した時には、彼らはその大きい動物の絶滅90%に迅速に追いやった。

これは、ヒトが惑星の生態系に持っていた最初の重要なインパクトであった。

それは最後ではなかった。

約15,000年前、人はアメリカを植民地化し、その大きい哺乳動物のプロセス約75%において拭き取った。

多いアフリカ、ユーラシア、およびそれらの沿岸のまわりの無数の島から消えた他の種。

国家になった後の国の考古学のレコードは、同じ悲しい物語を話す。

悲劇は、ヒトのどのような跡なしで、大きい動物の豊かで、変えられた数を示している場面によって始まる。

場面2に、人が出現するキャンプ・ファイアが、化石化された骨、鎗ポイント、またはたぶんに証明される。

人と女性が従事することセンター段階およびとても大きい動物、多くのより小さいものとともに場面3が迅速に続いて行った。

全体で、彼らが最初の小麦畑を植え付ける前に、サピエンスは惑星のすべての大きな地球上の哺乳動物の絶滅約50%に追いやった。または最初の金属ツールを形づくり、最初のテキストを書いたか、または最初のコインを鋳造した。

人と動物関係の次の主要な目印は農業革命であった。私達が、遊牧民の狩猟採集民から、永久的な社会福祉事業団に住んでいる農夫に回ったプロセス。

家畜化された動物は、地球の完全に新しい生命体の外観に関係した。

最初、この開発は、人が、どうにかしてだけ哺乳動物と鳥の20の種より少なく家畜化したように「野生であり」続けた種のうちの無数の数千に比べて少ない重要性であったかもしれない。

まだ、世紀の通過によって、この斬新な生命体はノルマになっていた。

今日、すべての大きい動物の90%より多くは家畜化される。

例えば、チキンを考慮しなさい。

1万年前、それは、南アジアの小さいニッチに閉じ込められたまれな鳥であった。

今日、数十億匹のチキンがほとんどすべての大陸と島に住み、南極大陸を閉鎖する。

家畜化されたチキンは、たぶん、惑星地球の年代記の最も広がった鳥である。

もしあなたが数について成功を測定するならば、チキン、雌牛、およびブタは、これまでで、最も成功した動物である。

食われるために----。

ああ、家畜化された種は、前例がない個々苦しみによってそれらの比類ない集合的な成功の代金を払った。

動物界は、数百万年の間苦痛とみじめさの多くのタイプを知っている。

まだ農業革命が完全に新しい種類の苦しみを作成していたこと、通過によって世代で悪化しただけのもの。

一目で家畜化動物がそれらの野生のいとこと祖先よりずっと順調のようであるかもしれないこと。

野生の水牛は、食物、水、およびシェルターを検索するのにそれらの日を費やし、常にその恐れがライオン、寄生虫、洪水、および干ばつがある。

家畜化された牛は、対比によって人からの世話と保護を楽しむ。

人々は雌牛を提供し、食物、水とシェルター、それらを持つ子牛は、それらの病気を扱い、略奪者と自然災害からそれらを保護する。

真、ほとんどの雌牛、および子牛は、遅かれ早かれ屠場に居る。

若かろうが、高齢であろうが、飼い主の希望により、殺される。

もう、それは、それらの運命を野生の水牛のそれより少し悪くするか?

それは、人により屠殺されるより、ライオンによりむさぼられるのに良いか?

クロコダイル歯はスチールブレードより親切であるか?

存在を特に残酷にし、農場動物を家畜化したものは、まさにそれらが死ぬ方法ではないけれども、彼らはとりわけどのように生きているか。

2つの競争ファクターが農場動物の生活状態を形成した:一方では、人は、肉、ミルク、卵、革、筋肉パワーおよび動物性の楽しみを望んでいる。他において、人は農場動物の長期の生き残りと再生を保証する必要がある。

理論上、これは極端な残酷さから動物を保護するべきである。

もし彼女に食物と水を提供せずに農夫が彼の雌牛から搾乳するなら、産乳量は漸減し、雌牛自身は迅速に死ぬ。

あいにく、人は、すさまじい苦しみに、それらの生き残りと再生を保証する間でさえ動物を他の方法で飼育させるかもしれない。

問題の根は、家畜化された動物がそれらの野生の祖先から農場で冗長な多くの物質的で、感情、および社会的なニーズを引き継いだことである。

農夫は、どのような経済の価格でも支払わずにこれらのニーズを定期的に無視する。

それらは小さいかごで動物をロックし、子孫から、それらの警笛と尾部、別個の母を切断し、奇怪さを選択的に生む。

動物は大いに苦しむけれども、それらは生き長らえて、増加する。

それはダーウィンの発展の中で。最も基本の原則を否定しないか?
進化論は維持し、すべての本能とドライブは、生き残りと再生の興味において発展した。

もしそうなら、農場動物の継続的な再生は、すべてのそれらの本当のニーズが満たされていることを証明しないか?

雌牛はどのように生き残りと再生に本当は必須ではない「ニーズ」を持つことができるか?

生き残りと再生の進化的なプレッシャーに遭遇するようにすべての本能とドライブが発展したことは、確かに真実である。

しかしこれらのプレッシャーが消える時、本能とドライブは形をなし、直ちに蒸発しない。

たとえ生き残りと再生のために、もうそれらが役立っていなくても、それらは動物の主体の経験を作りあげ続ける。

現代の雌牛、犬、および人の物質的で、感情、および社会的なニーズが、それらの現在の条件を反映しないけれども、むしろ数万年前それらの祖先が遭遇した進化的なプレッシャーである。

現代の人々はなぜ甘い物をそんなに多く愛しているか?
21世紀初期に、私達がアイスクリームとチョコレートをたらふく食わなければならないので、残存するためには否定的である。

むしろ、それがでありそれゆえ私達の石器時代の祖先が、甘く、熟した果実に出会って、することは、最も分別がある事が、可能なので、それらがすることができたこととして、それらの多くを食べることであった。

若い人のドライブが、なぜ無謀か、暴力的な列に巻き込まれて、秘密のインターネットサイトをハッキングするか?
それらが古代遺伝命令を守っているのである。

7万年前、マンモスを追っている彼の生命を危険にさらした若いハンターは、すべての彼の競争相手より強く輝き、ローカルな美の手を勝ち取った--そして、私達は現在彼のマッチョな遺伝子を突き刺される。

ちょうど同じ進化的なロジックは、私達の産業で、農場の雌牛と子牛の生活を形成する。

古代野生牛はソーシャルな動物であった。

残存し、繁殖するために、それらは、通信し、協力し、効果的に競争する必要があった。

すべてのソーシャルな哺乳動物のように、野生の牛は遊びを通じて必要な社会的なスキルを学んだ。

発展がこの願望をそれらに植えつけたので、子犬、子ネコ、子牛および子供すべては、遊ぶことが大好きである。

野生において、彼らは遊ぶ必要があった。

もしそれらがしないなら、彼らは生き残りと再生のために活発なソーシャル・スキルを学ばないであろう。

もし子ネコまたは子牛が、それらを遊びに無関心にしたか、まれな変異によって誕生したなら、ちょうどもしそれらの祖先がそれらのスキルを取得しなかったなら、ばまず第一に、それらが存在しなかったであろう。それらが残存すること、または繁殖することがありそうになかった。

同様に、それらの母と接合するように子犬、子ネコ、子牛、および子供圧倒的な欲望に発展が植えつけられた。

母幼児のきずなを弱めているチャンス変異は死刑判決であった。

現在農夫が若い子牛をつかまえる時に何が起こるか、彼女の母から彼女を分離し、彼女を小さいかごに入れて、様々な病気について彼女に予防接種し、彼女に食物と水を提供し、それから、彼女が十分に高齢の時には、雄の精子で彼女を人工的に植えつけなさい?

目的のパースペクティブから、残存し、繁殖するために、もうこの子牛には母の接合またはプレイメイトが必要ではない。

すべての彼女のニーズは彼女の人のマスタにより世話されている。

しかし、主体のパースペクティブから、子牛は、彼女の母と接合し、他の子牛によって遊ぶために、まだ強い願望を感じている。

もしこれらの願望が果たされないならば、子牛は大いに苦しむ。

これは進化的な心理学の基本的なレッスンである。
たとえプレゼントの時にもうそれが生き残りと再生に必要ではなくても、前数千世代形成されたニーズは、主体的に感じられ続ける。

悲劇的に、農業革命は、人に、それらの主体のニーズを無視する間、家畜化された動物の生き残りと再生を保証するパワーを与えた。

従って、家畜化動物は、集合的に、世界の中で最も成功した動物であり、同時に、それらは、個々に、これまで存在したことがある最も惨憺たる動物である。

状況は最近の数世紀の間悪化しただけである。

その間に、時間的。伝統的な農業は、産業の農業に譲歩した。

古代のエジプト、ローマの帝国、中世の中国などの伝統的な社会には、人は、生化学、遺伝学、動物学、および疫学の非常に部分的な理解を持っていた。

その結果、それらの巧みな能力は制限された。

中世の村では、チキンは家の間を自由に走り、ごみが積み重ねられた場所から種とワームをくちばしでつつき、巣を納屋に建てた。

もし野心的な小作農が、混んでいる生活協同組合の中の1,000羽チキンをロックしようとするなら、たぶん、必殺の鳥インフルエンザ伝染病が結果として生じて、多くの村民だけでなくすべてのチキンを拭き取る。

どの聖職者、シャーマン、または呪術師も、それを防止できたはずがない。

しかし、一度、現代の科学が、鳥、ウイルス、および抗生物質の秘密を判読した人は、動物を極端な生活状態に服従させはじめることができた。

予防接種、医薬品、ホルモン、殺虫剤、中心的な空調システム、および自動的なフィーダの助けのため、現在、数万匹のチキンを小さい生活協同組合に詰め込み、前例がない効率によって肉と卵を生産することが可能である。

そのような産業の設備での動物の運命は、確かに関係する数について、私達の時間の押している倫理の問題のうちの1つになった。

最近は、とても大きい動物は産業の農場に住んでいる。

私達は、私達の惑星に、ライオン、ゾウ、クジラ、およびペンギンが住んでいると想像している。

それはナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)チャンネル、ディズニー(Disney)映画の真であるかもしれず、けれども子供のfairytalesで、それはもう現実の世界で真実ではない。

世界には40,000頭のライオンがいるけれども、対比を経て、約10億匹の家畜化されたブタがいる;500,000頭のゾウと15億は、雌牛を家畜化した。5000万匹のペンギンおよび200億羽のチキン。

つまり、人間に利用価値のないものは、消えていくのである。

2009年に、ヨーロッパに16億羽の野生の鳥がいて、すべての種を一緒にカウントした。

その同じ年、ヨーロッパの肉、および卵産業は、19億匹のチキンを持ち上げた。

全体で、世界の家畜化された動物には人、および大きい野生動物のための1億メートルトンより少しのための3億メートルトンに比べて約7億メートルトンの重さがある。

これは、農場動物の運命が倫理の派生的問題ではない理由である。

それは地球の大きい生き物の大多数に関係する:感覚と感情の複雑な世界を持つ、けれどもそれぞれ工業生産ラインに生きて、死ぬという数百億の、感覚がある生き物である。

40年前、道徳的な哲学者ピーター・シンガー(Peter Singer)は彼の正規の本動物解放(Animal Liberation)を出版した。

それは、この問題において人々の考えを変更するために多くした。

シンガーは、組み立てられた履歴のすべての戦争より、農業の産業がより多くの苦痛とみじめさについて責任があると主張した。

動物の科学の研究により陰鬱な役割はこの悲劇で果たされた。

科学のコミュニティは、主に人の産業サービスにおいて、それらのライフをより効率的に処理するために、動物のその増大知識を用いた。

まだ、この同じ知識は、妥当な疑いを越えて、農場動物が、複雑な社会的な関係および洗練された心理学的なパターンによって、感覚がある生き物であることを証明していた。

それらは私達ほどインテリジェントではないかもしれないけれども、彼らは確かに、苦痛、恐怖、および寂しさを知っている。

彼らも苦しむかもしれず、それらも幸福であるかもしれない。

それは、私達が、これらの科学の発見を、心、それゆえ人のエネルギーが増大し、高くに持って行く時間である他の動物を傷つけるか、または役立っている私達の能力は、それによって成長する。

40億年の間、地球のライフは自然淘汰により制御された。

今や、それは人インテリジェント・デザインによりますます制御される。

すぐ、生物工学、ナノテクノロジー、および人工知能によって、人は、生きている生き物を、生命の非常に意味を再定義する根本的な新しい点で作り直すことが必要になる。

まさにヒトではなく、このすばらしい新世界をデザインするために私達が来る時に、私達が、すべての感覚がある生き物の福祉を考慮するべきであると言っている。

ドイツの本で、屠殺のオートメーションについて書かれた本を前に、これと同じことを何年前か勝見勝と話し合った。

その本は私にくれると言っていたが、結局多摩美術大学に行ってしまった。
多摩美術大学で、あの本を見ようとする人が何人いるのだろう。


そう言えば、ケニアであらゆる動物の肉で、入手可能なものを食わせてくれるレストランがあった。
しかし、結局、食われるために育てられたニワトリ、ブタ、牛以外は、食うべきではなかった。

2015-06-22---中国では1万匹の犬が殺され、イギリスでは毎月190万匹の動物が殺されている。
2015-06-21---今年もやって来た、中国楡林市の犬肉フェスティバル。
2014-06-21---中国「犬肉祭」に抗議が増えると、購入者が例年以上に増えた。
2014-06-18---中国で,犬の肉を食う日。
2013-12-14---米国の裁判所は,馬の虐殺を解禁。
2013-07-14---鯨を殺すことは、雄牛を殺すことに似ています。
2013-06-29---オーストラリアで、国章スキッピー(カンガルー)を食べること!
2013-02-14---なぜ牛肉は、むしろ鶏肉のようになっているか。
2011-07-06---オーストラリアはインドネシアへの生きた牛の輸出制限を解除。
0000-06-21---犬の肉を食う日。
-9000-00-00---1万1000年前のマストドンの屠殺場に関する証拠を発見した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告