2015-09-16

ネスレのKitKats商標戦争。

犯罪と裁判アート教育

BBC Newshaは、菓子工場巨人スイスのネスレ(Nestle)は、イギリスのその4指KitKatバー(four-finger KitKat bar)の形を商標登録することが、正しいことをヨーロッパの裁判官に納得させることに失敗したと報告した。

欧州司法裁判所(European Court of Justice)は言った。
会社は、軽食を識別するための形に一人で頼っていることを一般大衆を示す必要があった。

裁判官が、もし商品がKitKatなどの商標名も示したなら、これは証明しづらかったと終えた。

ライバルのキャドベリー(Cadbury)は、ネスレが商標を得ることを防止するために戦った。

ネスレとキャドベリーは、それらの判決に「満足である。」と言った。

ケースは現在最終的な決定のためのUK高等裁判所(UK High Court)に戻る。

ネスレは、チョコレート・バーが導入されて以来の80年において、4本の指が、KitKatsとほとんど完全に関連したと主張した。

6月にシニアのヨーロッパ法廷弁護士、一般的支持者および食い違いで、そのような商標がヨーロッパの法律に従わなかったと伝えている。

ネスレは、商標に、2で指で触れられたバーを捜さなかった。

Mishcon de Reyaの知的所有権弁護士サリーブリトン(Sally Britton, intellectual property lawyer at Mishcon de Reya)は、ネスレが、「たとえ現在ありそうなイギリスの法廷として、KitKat形が商標として登録されるべきではないと決めても」その事件を議論し続けそうであると言った。

彼女は、ネスレが、難しいマークを登録しようとすることの経験を持っていると言った。

それが、商標として、「Have a Break」というスローガンを登録するのには40年より多くかかり、最終的に、2006年に成功したと、彼女は付け加えた。

2015年09月16日水曜日の判決は、ネスレとキャドベリーが商標に紫色の色を試した時に始まったことについて、その間の10年を超える法律戦いで最新の開発である。そのキャドベリー・チョコレート帯封(Cadbury chocolate wrappers)においてそれが使う。

ネスレは反対し、最終的に、商標として、2013年に転覆した色をキャドベリーに与えているオリジナルの決定を持っていた。

今や、米国の会社Mondelez Internationalにより所有されているキャドベリーは、重要けれども、継続的チョコレート戦争の最終的な勝利を得点したようではない。

それは、いつも、消費者が、それを、競争する軽食と結び付けるように、形だけが十分に際立っていなかったと主張した。

バーはKvikkLunsjを呼び、意味していた1937年にノルウェーに乗り出したいくつかのイギリスの店で入手可能な「迅速な昼食」、そして、それほどよくなく知られているけれども、4指KitKatと同様に見える。

ネスレを支持する判決は、他の菓子工場製作者が同じ形またはサイズのチョコレートバーを作っているのをやめさせる。

佐野研二郎の非理論的な説明では、欧州司法裁判所で負けていたことだろう。
デザイナーの感覚主義では、裁判には勝てない。

先日、NHKでこの問題を扱った番組で、デザインについて解説していた人が、専門家に審査をお願いすると言っていたが、彼の理論も専門家という抽象的表現で終わっていた。

デザインだから、デザイナーに審査を依頼すると言うことだろうが、それでは最終的な問題は何も解決されていない。
きちんとした論理が構築できない人が、解説すべきでは無い。

とくに、今回の被害に関して、国民に支払わせるのは異常な発想である。

犯罪者がいるので、その犯罪者に責任を取らせるべきである。

もちろん、指名審査であったことから、佐野研二郎を推薦した人がいるはずである。
この人も、具体的に被害が出ているので、責任は重大である。

2015-09-11---なんと、オリンピック組織委員会も著作権侵害?!
2015-09-05---エンブレムのデザイン審査は、民間会社の社長が行っていた。
2015-09-01---大会組織委員会は、佐野研二郎制作の東京五輪エンブレム使用中止。
2015-09-01---佐野研二郎デザイン事務所のホームページで声明を発表。
2015-09-01---佐野研二郎のデザインの著作権で、再度問題噴出!
2015-09-01---ニュージーランドは、国旗の最終決勝戦進出者を公開。
2015-08-28---大会組織委員会は、五輪エンブレム原案初公表した。
2015-08-27---社会心理学実験の75%と、認識の研究の半分が、複製テストに失敗。
2015-08-10---ニュージーランドの新しい国旗で、議会は40の潜在的なデザインを出版。
2015-08-10---ジョン・オリバー、米国の性教育が非常に悪い理由。
2015-08-03---彼女は高校に行かないけれど、フリーパスで大学に行く!
2015-07-31---ブルームーンの定義。
2015-07-29---東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムで著作権問題浮上!
2015-07-27---人工知能を持った殺人ロボットは、禁止されるべきである!
2015-07-24---東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムを発表。
2015-07-16---科学者は、菜食主義者のためにベーコンのように味わう海草を発見した。
2015-07-07---米国は、日本の巨大なロボットに挑戦!
2015-07-05---ハンキー・パンキー高校は、4つのセックス・スキャンダル。
2015-06-29---バックパッカーが、貨物ランナーに変身!
2015-06-03---米国学生は、どのように無料のドイツで大学学位を得るか。
2015-05-23---ロバート・デニーロは、下品で軽率である。
2015-05-19---鉄魚があなたをより強くすることができる理由。
2015-04-27---サッカー日本代表のオフィシャルスーツ発売!
2015-01-09---最近、気になる日本経済新聞電子版のニュース-5「エスカレーターのマナー」
2014-09-17---人工甘味料は、血糖値のスパイクを引き起こすかもしれない。
2014-06-29---雑誌「ネイチャー」のSTAP論文撤回。
2014-06-27---ブラジルの「神聖な黄色・緑のジャージ」の話。
2014-06-16---小エビから、次世代のプラスチックを発明。
2013-11-05---中国の紫禁城にある巨岩は、氷の上で輸送された。
2013-06-04---日本で当たり前のサッカリンが、ステビアとして、もの凄い注目!
2013-02-28---ダライ・ラマの名誉博士号!
2012-12-05---マサチューセッツの新聞は、リポーターが出典情報を誤魔化した。
2012-11-22---南太平洋サンディー島は「存在しないと証明された。」
2012-08-30---ハーバード大学で、カンニング・スキャンダルが浮上!
2012-08-01---中国における外国教育のパラドックス。
2012-07-21---米国人男性の死亡記事に書かれた「最後のざんげ(The last confession)」
2012-07-04---米国の新聞で、偽の記名記事多数発見!
2012-06-29---ルーマニアの学者組織、首相の論文は大部分が盗作と結論。
2012-06-19---ルーマニアの新首相、博士論文で盗作非難!
2012-05-06---ドイツのアンゲラ・メルケル、博士号問題と海賊党に両ビンタの試金石!
2012-04-01---盗作の博士号をはぎ取られた後、ハンガリー大統領辞職。
2012-03-29---ハンガリーの大統領、盗作で博士号を喪失!
2011-09-20---ドイツの自由民主党「FDP」は、首都ベルリンで存在意義が消えた!
2011-07-14---ドイツの政治家、さらに博士号剥奪!
2011-06-15---ハイデルベルグ大学は、Koch-Mehrinの盗作を有罪と判断!
2011-05-17---オンライン盗作ハンターは博士号詐欺を追跡!ドンドン暴露!
2011-05-12---博士論文盗作で、2番目のドイツ政治家も辞任!
2011-03-01---ドイツの国防相グッテンベルグは博士論文盗作で辞職!
2011-02-21---ドイツの国防大臣が書いた博士論文は、バーゲン製品だった!
2011-02-17---ドイツの大臣は博士論文の盗作を否定。
2010-06-14---白米は、糖尿病の発症リスクを高めると警告。
2010-04-07---ジャーナリズム・コンピュータ・サイエンスの学位が登場した。