2015-09-17

米国大統領選挙で、Googleは共和党の候補者を検索する。

政治

BBC Newsは、共和党の大統領候補フィールドは乱立状態で、12人以上の候補者から指名を獲得しようとしていると報告した。

つまり、誰も飛び抜けていない。

理解できることだが、人々は、候補者について見つけ出すために、Googleに向かっているけれども、検索質問のうちのいくつかがまったく慣例に従わなかったと言っている。

他でも多くが予測しようと奮闘しているが、US Newsでは、Google、Facebook、Twitterでの次期大統領を予測しているが、まだバラバラである。

さらに面白いのは、これまでは主導権が、新聞からテレビに移り、そして、インターネットへと移動したが、それらを統合できるソーシャル・メディアに移った!
そして、そこに一般市民も加わって、予測を困難にしている。

もうすぐ、Googleではなくなるのかもしれない。

それに気が付く、新しいメディアが登場するのかもしれない。

米国では、大統領選挙になると新しいメデイアが脚光を浴びてきた。

今回はまだ無い。

それが登場すると、そのメディアが数年間主導権を握る。