gaYa広告

2015年09月20日

このフェミニスト作者は、性的暴力について犠牲者が責任があると言う。

性とメディア

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、1970年代にフェミニスト正面の重要な声であったスーザン・ブラウンミラー(Susan Brownmiller)は、私達意志に対する彼女の本:人、女性、およびレイプ(Our Will: Men, Women and Rape)は、レイプと性的暴力のキーは女性の問題だけではなく、政治的なものにもする戦いでピボットのテキストであった。

しかし、切断とのインタビューにおいて、「フェミニストヒーロー」と、女性が、人のように彼らが飲むことができて、追加することができて、まだ安全であると思うことが非現実的であることが言う。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

私は、ぞっとするように、ポジションを、「私達を非難してはならない。私達は生存者である」と気付く。

彼女が彼女の忠実な見方を悩ましたかどうかが尋ねられる時は、犠牲者を非難すると解釈ができたと彼女言った。

もしあなたのために、あなたが乾杯するならば、あなたの判断の感覚を失う。誰でもそれを知っている。

そして、彼らが望まない性の状況に閉じ込められた若い女性についてm私の感覚が、「あなたは警告合図を見なかったか?あなたは、誰があなたを求めて戦い、あなたにすることを期待しているか?」

あなたたち両方の衣服が脱がせられた後に、それは、「私はこれを望まない」と言うために、少し遅い。

スーザン・ブラウンミラーは家庭内暴力の犠牲者において同様なスタンスを取り、それが彼女の場所で「フェミニストとして」「外に出なさいこの関係の外の獲得。」あると主張する。

作者が終えるもし人が性と同意のまわりの境界を尊重するならば、それは「良いであろうこと」によって男性の犯人は小さい言及を召集した。

つまり、女性版セックス・ロビンフッドである。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告