2015年09月20日

このフェミニスト作者は、性的暴力について犠牲者が責任があると言う。

性とメディア

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、1970年代にフェミニスト正面の重要な声であったスーザン・ブラウンミラー(Susan Brownmiller)は、私達意志に対する彼女の本:人、女性、およびレイプ(Our Will: Men, Women and Rape)は、レイプと性的暴力のキーは女性の問題だけではなく、政治的なものにもする戦いでピボットのテキストであった。

しかし、切断とのインタビューにおいて、「フェミニストヒーロー」と、女性が、人のように彼らが飲むことができて、追加することができて、まだ安全であると思うことが非現実的であることが言う。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

私は、ぞっとするように、ポジションを、「私達を非難してはならない。私達は生存者である」と気付く。

彼女が彼女の忠実な見方を悩ましたかどうかが尋ねられる時は、犠牲者を非難すると解釈ができたと彼女言った。

もしあなたのために、あなたが乾杯するならば、あなたの判断の感覚を失う。誰でもそれを知っている。

そして、彼らが望まない性の状況に閉じ込められた若い女性についてm私の感覚が、「あなたは警告合図を見なかったか?あなたは、誰があなたを求めて戦い、あなたにすることを期待しているか?」

あなたたち両方の衣服が脱がせられた後に、それは、「私はこれを望まない」と言うために、少し遅い。

スーザン・ブラウンミラーは家庭内暴力の犠牲者において同様なスタンスを取り、それが彼女の場所で「フェミニストとして」「外に出なさいこの関係の外の獲得。」あると主張する。

作者が終えるもし人が性と同意のまわりの境界を尊重するならば、それは「良いであろうこと」によって男性の犯人は小さい言及を召集した。

つまり、女性版セックス・ロビンフッドである。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。