2015-09-17

南シナ海衛星画像は、軍事基地のサンゴへのインパクトを解明。

自然

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、軍隊の届く範囲を拡張するために、中国が競争すると、それは純粋な自然生息地を永久的な島に変えていると報告した。

しかし、経済中心で、軍事鈍感の弱腰オバマ政権は、中国が何を強引にしようが、攻めて来られないと言うことを中国は知っているので、この戦略から手を引くことは無い!

この現状を知っていて、安倍政権の安保法案に反対していたのだろうか?

世界の最も多くの生物多様性のサンゴ礁のうちのいくつかが、南シナ海で急速に破壊されている衛星中継を公開した。

滑走路、軍隊の前哨基地、および小さい町でさえ築く争われたスプラトリー群島(Spratly archipelago)の土地の再開発により、維持世界魚株と生物の多様性にキーである生態系が、危険にさらされている

南シナ海の高解像度衛星イメージ(High-resolution satellite images of the South China Sea)は、純粋な生息地を軍隊の前哨基地に変えるために、中国レースとして世界のほとんどの生物多様性のサンゴ礁のうちのいくつかの巨大で、急速な破壊を明らかにした。

イメージを分析した導き海の生物学者教授ジョンマクマナス(Prof​​ John McManus)は、数千エーカーの岩礁の損失をイギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」に話した.近年人の歴史のサンゴ礁エリアの永久的な損失の中で最も迅速なレートを構成している。

「私達の世代は、これらの非常に多様で、信じられないほど美しいサンゴ礁環礁を未来の世代に手渡すことについての一時的な責任を保持する」と、マクマナスは言う。

「私達はみじめに失敗した。」

6つの国--中国、ベトナム、マレーシア、フィリピン、台湾、およびブルネイが、南シナ海の250を超える島、岩礁、および砂州についての競争主張を持っている。

島はたいてい無人であるけれども、急速な再開発により、世界の維持魚と生物の多様性にキーである生態系が、危険にさらされている。

島建物は拡大している。

今週、新しい写真は、それにエリアのいっそう大きい届く範囲を与えて、中国が、矯正された領域の3番目の滑走路を建設していることを示している。

領土を主張する競争レースにおいて、国は、滑走路、軍隊の前哨基地、および小さい町でさえ築くために、岩礁の上に砂を浚渫した。

サンゴは砂において溺れて、海の生態系は荒廃した。

分離された武装した衝突は、長さ数十年の論争において噴き出た。そして、緊張は最高記録にある。

このような起訴は、中国に取ったまったく聞く耳を持たない。

衛星がイメージする中国の政治的な膠着状態の最前線にある戦略的と国際研究のためのセンター(the Center for Strategic and International Studies)でアジア海上透明度イニシアチブ(Asia maritime transparency initiative)が備える。

それら主要な島のうち火十字岩礁(Fiery Cross Reef)、スビ岩礁(Subi Reef)、ミスチーフ環礁(Mischief Reef)、およびジョンソン岩礁(Johnson’s Reef)の4つの過去の10年間に撮られた写真は、破壊の驚くほどのレートを示し、矯正している。

海洋生物学と魚種のエキスパートでマイアミ大学のマクマナス(McManus, an expert in m​​arine b​​iology and f​​isheries at the University of Miami)は、「ミスチーフ環礁の写真は特に気がかりである」と言う。

岩礁は、数ダースを深さ数メートルで拡張する濃いサンゴを含まない約45平方mのエリアをカバーする。

「上に浚渫船によりスプーンでかき混ぜられた砂と沈泥は、潟のほとんどを踏破し、外に残留岩礁のほとんどに落ち着いている。砂が、大きい量に落ち着くどのような底で暮らし有機体でも、ほとんど殺す、およびラグーンのひだで生息するほとんどの魚は、少しの魚も非常に南国のエリアの中のその潟内に生き残っていると考えられない。」と、彼は言う。

イメージは水面下の荒廃のスケールへの手掛かりを提供する。

羽の代わりに、房において、浚渫された沈泥が組み立てているのが見られうる。

これは、沈殿物を取り除く必死な試みにおいて粘液状にサンゴ礁の小さいポリープのうちの数百万から浚渫、浸出豊富な量に反応により起こされると、マクマナスは言う。

「この写真において、死にかけているサンゴのうちの数百万匹からの粘液状の到来の莫大な漁が、沈泥と混ざり、長い間明るい白い糸数百mを形成する。潟では、粘液が有機体の腐敗ボディと混ざっている。」と、マクマナスは言う。

数ヶ月の間腐敗から恐ろしく匂う砂は酸素が非常に低いので、、どのような魚でも再定住することを防止する。

「この損害のかなりの量は回復できず、取り替えられない。」

米国と日本を引き入れた論争は、世界の最ももうかる出荷チャンネルのうちの1つという南シナ海の下の未開発のオイルとガス田のため複雑にされる。

複雑などと、口を濁して表現するから、さらに中国を増長させる。

サンゴ色の専門家教授テリーヒューズ(Prof Terry Hughes)は特に、スビ岩礁のイメージが厄介であると言う。

「浅い岩礁に加えて新しい人造島を築くことは、沈殿物のためそれらを窒息させて、クリアな水をどろどろに変えている。環境の損害はスケールがかなりあり、前例がない」と、彼は言う。

「南シナ海のサンゴ礁の恐れがますますあり乱獲するおよび気候変化、今や、それらは、新しい軍隊前哨基地を作成するために大規模な量の浚渫のこの追加のインパクトに対処するために奮闘する。私達に必要なものは協力においてブレークスルーであるそれらを破壊することというよりももろい岩礁生態系を保護することに向けられる。」と言っているが、まったく緊迫感が無い。

南シナ海はグローバルな魚漁の10%を占めていると、国連環境プログラム(UN environment programme)は見積もる。

岩礁は、それらのライフサイクルの間で、経済的に重要な魚のための避難所を提供し、「魚漁の募集とメンテナンスの重要な役割」をすると、それは言う。

ジョンソンの岩礁は、ガーディアンにより分析された4つの島で最も小さく、保護する岩礁頂上からわずかに組み込まれている。

しかし、砂は南シナ海の他の岩礁から浚渫されたと、ヒューズは言う。

「スプラトリーエリアの20を超える岩礁が重大なエコロジカルな損害のそのような合図を示す」と、彼は付け加える。

「これは、岩礁で、南シナ海、海の魚が、仕事、文化、栄養、経済、および平和に決定的な世界の領域を横切って漁場への衝撃をローカルに否定的である。」

ただし、中国が自然破壊に耳を傾けるとは、考えられない。

最近の中国は、主張はするが、人の言うことを聞かない。