2015-09-17

3Dプリンターでバイオリン「3Dバリウス」製作!

音楽

AFPは2015年09月20日に、フランス南部ベジエ(Beziers)で2015年09月17日に、エンジニアであり、バイオリニストでもあるロラン・ベルナダク(Laurent Bernadac)が、3Dプリンターの技術を使って製作した電子バイオリン「3Dバリウス(3Dvarius)」を披露したと報告した。

電子バイオリンは、以前からあったが、それを3Dプリンターで制作する。

もうすぐ、演奏会場に楽器を持ち込むのでは無く、3Dプリンターを持ち込む?

いや、楽器の方が手軽!

ロラン・ベルナダクは。SLA技術を用いて樹脂で3Dプリントポーリンに着手した。 「3D印刷技術の私達の選択は、その例外的な印刷定義とその印刷物の抵抗の立体造形である」と彼は説明している。 これはまた、この産業グレードの3Dプリンタの使用を必要としても、このバイオリンは、単一の印象的な部品で3D印刷することができることを意味する。

第二のプロトタイプでは、3Dプリントが24時間以上掛かった。私たちは、フランスの南に基づく下請業者で働いていた。彼らが使用したのは、ステレオリソグラフィ技術を使用しているSLA-3500であった。