2015-09-17

米国上空のクリアな空。

宇宙

NASAは2015年09月18日に、NASA宇宙飛行士スコットケリー(NASA astronaut Scott Kelly)は2015年09月17日に、米国の早朝の編隊儀礼飛行の間にISS( International Space Station/国際宇宙ステーション)からイメージとビデオを捕らえた。

彼のソーシャル・メディア追従者と分配することによってケリーが書いたこと、「Clear skies over much of the USA today. #GoodMorning from @Space_Station! #YearInSpace」

2015年09月15日火曜日は、ケリーおよびロシアの宇宙飛行士ミハイルコルニエンコ(Russian cosmonaut Mikhail Kornienko)のための宇宙ステーションに1年任務の中間点をマークした。

平均的な国際宇宙ステーション遠征は4ヶ月から6ヶ月までで続く。
1年任務によって可能であった研究は、どのように人体が長い間期間の宇宙飛行に反応し、順応するかの理解を科学者によりよく助ける。

つまり人間を使った人体実験であり、本来なら倫理上許されることではない人間モルモットである。

NASAが、人間の任務に、500日続くかもしれないか、またはより長い太陽系〈火星に、および火星から含む〉により深く見えるので、この知識は危険である。

今のところ、銀河宇宙線が脳神経が破壊されると言われている。
これを解決しない限り、人間を遠い宇宙に送ることはできない。

また、この写真でも判るように、宇宙船は絶えず振動しているようである。
この振動の影響もあるだろう。

よく宇宙に行くと、神がかりになると言うが、銀河宇宙線で脳神経が破壊されたのかもしれない。

2015-05-11---銀河宇宙線が脳にダメージ与える恐れ!

Related Dates