2015-09-17

アフリカで、マラリアを7億ケース停止した。

美容と医学の科学健康

BBC Newsは、2000年の研究が見えて以来、アフリカでマラリアの病気に取り組むために、約7億のケースが一致協力の結果として防止されたと報告した。

イギリスの科学雑誌ネイチャー誌(journal Nature)で出版されたレポートは、大陸全体で感染の数が50%になったことを示した。

The effect of malaria control on Plasmodium falciparum in Africa between 2000 and 2015

S. Bhatt,
D. J. Weiss,
E. Cameron,
D. Bisanzio,
B. Mappin,
U. Dalrymple,
K. E. Battle,
C. L. Moyes,
A. Henry,
P. A. Eckhoff,
E. A. Wenger,
O. Briët,
M. A. Penny,
T. A. Smith,
A. Bennett,
J. Yukich,
T. P. Eisele,
J. T. Griffin,
C. A. Fergus,
M. Lynch,
F. Lindgren,
J. M. Cohen,
C. L. J. Murray,
D. L. Smith,
S. I. Hay et al.

Nature (2015) doi:10.1038/nature15535
Received 06 August 2015
Accepted 01 September
2015 Published online 16 September 2015

ベッド・ネット(Bed nets)は減少の大部分について責任があった。

進歩を保証する出資が取り消されないと主張するために、呼び出しもあった。

WHO(World Health Organization/世界保健機構)と慈善活動ユニセフ(the charity Unicef)による発言として、マラリア死亡率(malaria death rates)は、その間、2000年から600万回を超える生命が救われたので、レポートはグローバルに60%低下した。

報告されたレポートは、2000年にマラリアにかかった13カ国より、一層の6カ国が10のケースより少なく持っていた間の2014年の無ケースになったと言った。

しかし、アフリカは、まだ全体の80%および、死のケース78%であった。

WHOの理事長マーガレット・チェン博士(Dr Margaret Chan, the director general of the WHO)は,「グローバルなマラリア・コントロールは、過去の15年で大きい公衆衛生成功談のうちの1つである。」
「それは、私達の戦略が目標にある合図で、個々の年に、たいてい私達がこの古代の殺人者から、まだ数十万の子供の生命を打ち負かすことができることである。」と言った。

ユニセフのアンソニー・レイクの常勤取締役(The executive director of Unicef, Anthony Lake)は、「私達は、どのように防止し、マラリアを扱うかを知っている。私達がそれをすることができるので、私達はしなければならない。」と訴えた。

『楽観的なメッセージ』
オックスフォードの大学からの研究者は、過去の15年間で、6億6300万のケースが防止されることを見積もるために、サハラ以南のアフリカの30,000のサイトからデータを分析した。

68%の縮小は、10億の殺虫剤で扱われたベッド・ネットの配布で減っていた。
22%は、取りアルテミシニン(artemisinin)の扱いに帰されていた。
10%は、殺虫剤を家に吹きかけることであった。
研究者のうちの1人サミール・バーツ博士(One of the researchers, Dr Samir Bhatt)は、BBC NewsのWebサイトで、「それはまさに驚異的である。」
「まさにこれらの介入することによって、あなたはどうにかしてすべてのこれらのケースを保存し、7億は莫大な数であり、それは、起こったものの現実であり、それは、そのような楽観的なメッセージである理由である。」と話した。

しかし、進歩にもかかわらず、仕事は、完了されるのに遠い。

アフリカでは1分ごとにマラリアで子供がまだ死んでいる。

改良のレートはまた遅れている。
ケースは最高2011年に1年あたり9%落ちたけれども、それ以来5%に落ちた。

サミール・バーツ博士は「私達は、私達が介入の数を減らし始めず、前に運転し続けていることに本当に注意する必要がある。私達は、努力を強め続けている必要がある。」と追加した。

これまで、過去に国際協力で受けた支援が、突然中止されたこともあり、その心配があるのだろう・

さらに、薬への抵抗力は心配事でもある。

ミール・バーツ博士は、アフリカ蚊の「完全に莫大である」問題として、いくつかの殺虫剤の効果を無視することができることを説明する。

その間、薬アルテミシニンへの抵抗は南東アジアに検出されて、もし抵抗力がアフリカに広がるなら、病気をコントロールする努力で、ひどく妨げるであろう。

ナミビアを含む8つのアフリカの国が、2020年までに病気を取り除くことをめざしている。

以前兄弟がマラリアのため死んだ国の元保健大臣リチャード・カムビ博士(Dr Richard Kamwi)は、彼の国のケースに「大幅な縮小」があったと言った。

彼は、「非常に不運である」出資へのどのようなカットでも警告した。

BBC NewsのWebサイトで、「私が、除去がほとんど見えたいくつかの国を見た。それらが、屋内で殺虫剤の噴霧を止めた時、私達復活を見た。」
「私は、大きいfundersと政府に、それらのサポートを維持する[必要]を強調したい。」

現実に、このような出資の何%が盗まれたのか、少し気になる。

このような数字と犯罪率もWHOと慈善活動ユニセフは調査すべきである。
それを調査発表しないから、元保健大臣リチャード・カムビ博士な発言が気になる。

2015-03-20---10年でマラリアを根絶できる!
2014-12-28---エボラ出血熱より、同じ場所でマラリアで10倍弱多く死んでいる。
2014-12-09---マラリアによる死が半減した。
2014-05-22---米国で、マラリア・ワクチンの候補物質を発見!
2014-03-30---世界的な人間と蚊の戦い。
2014-03-07---マラリアは新しく、高所へ広がっている。
2014-02-14---ナチスはダッハウで「戦争のための蚊の使用」を研究ていた。
2014-01-01---鳥類のマラリアはガラパゴス諸島鳥類を脅かしている。
2013-10-08---世界初のマラリア・ワクチンを販売するイギリスの会社。
2013-07-11---イギリス最大の製薬会社GSKの役員、中国で贈賄罪調査に直面。
2013-05-10---イギリス最大の製薬会社は、アフリカ・チャリティーと協力を始めた。
2012-07-16---製薬会社グラクソ・スミスクラインは、US$30億でヒトゲノムを買う。
2012-05-22---マラリア薬の3分の1は「偽物です。」
2012-04-05---マラリアが、抵抗力を付けている!
2012-03-26---神も否定するような、生命をゼロから生成する奇妙な新しい技術。
2012-02-03---マラリア死は多いのに、過小評価!
2011-11-10---マラリア・ワクチン開発の可能性を高くしたルートを解明!
2011-10-18---世界中のマラリア死は最近の十年間で、20%以上減った。
2009-12-16---科学者は、マラリアの伝染を予測するために携帯電話記録を使用。
2009-10-07---携帯電話業界は新興成長市場でもヘルスケア・プログラム拡大!
2009-09-10---細菌新陳代謝を利用して燃料を作り出す。
2006-05-03---栄養管理携帯電話モニタリング・サービス「MyFoodPhone」開始!
2006-01-18---反マラリア腕時計を南アフリカ共和国のGervan Lubbeが開発した。