2015-09-17

ジャガイモに切手を貼った手紙は、郵便で届くか?!

麻薬とメディア人物食品

むかし、スコットランド人の友人と、切手に文面と住所を書いた手紙は届くか?!
ビヤホールのビールがしみたコースターに、切手を貼って、文面と住所があれば、その手紙は届くか?!

ということで、ドイツのバンベルグから国際郵便として、スコットランドの知人に送ったが、全部届いた!

BBC Newsは、イギリスの一等スパッド(first class spud)として、郵便でイングランド(England)からロンドンディリー(Londonderry)に送ったところ、それは、持つ家に届けられたと報告した。
ただし、その違いは手紙ではなく、食物配達としてであった。

孤独なマリツ・ピッパー(lone Maris Piper)が作った、そのジャガイモは、アイルランド海を横切ってずっと、それはマッシュであったかもしれないけれども、土曜日にその宛先で1個が正しく到着した。

孤独?ジョークが好きな遊び人?

郵便配達人は、オークブリッジ公園のブラッドレーファミリー(Bradley family in Oakbridge Park)の家で、「小包み-それを受け取るか、またいやならやめてください。」と呼びかけた。

ジャガイモは、アイルランドの伝統的なダイエットの中心部分としてある。
彼女にジャガイモをテーマに与えられた結婚式を組織することを助けるための感謝として、バーミンガム(Birmingham)からダーモット・ブラッドリーの義理の姉妹エデル(Dermot Bradley's sister-in-law, Edel)によって送られた。

イギリスで、ジャガイモには深い意味がある。
ジャガイモには、食べると死ぬ毒があった。
その毒を抜く方法は、饑餓を救った!

日本でも、結婚式にジャガイモを送ろう!
または、ポテトチップを贈る風習を作ろう!

2015-08-18---なぜ、アメリカ人は、棒付きの食い物が好きなのか?
2015-08-08---ウィリアム・シェークスピアと麻薬。
2012-10-31---世界規模の温暖化で、バナナはジャガイモと交換できた!
2012-05-24---自炊すると寿命が延び、外食すると寿命が---
2012-05-10---シェークスピアの消えた作品を回復している。
2012-04-25---シェークスピアのゴーストライターは誰か!?
2012-03-03---世界初のコーニッシュ・パスティ・チャンピオンシップが開催された。
2012-02-27---阿片の国アフガニスタンのシェークスピア!
2012-01-03---バイロンは、ダイエット狂のアイコンで、マニア!?
2012-01-01---世界初のコーニッシュ・パスティ・チャンピオンシップが開催される。
2011-11-24---医者はシェークスピアを読め!
2011-11-23---食品科学者は、宇宙での感謝祭について、議論する!
2011-11-16---ピザは、野菜に見えますか?米国の下院共和党員はピザを野菜と主張
2011-07-05---バナナの驚異!飢餓を助けるのはバナナかもしれない!
2011-06-28---シェークスピアは大麻吸引常用者だったのか?
1872-00-00---アイダホ・ポテトが産業になった。
1861-00-00---イザベラ・ビートンが、1862年に出版された本で、ジャガイモについて書いた。
1850-00-00---ジャガイモを人間のためではなく、動物の飼育用の餌と考えていた。
1845-00-00---ジャガイモ栽培が病的になり、「すばらしい飢餓」が起こった。
1836-00-00---有名なアイダホではジャガイモが栽培されていなかった。
1786-07-28---最初のジャガイモが、イギリスとアイルランドに届いた。
1785-00-00---フランスの軍事化学者が、ジャガイモの栽培でルイ16世を説得した。
1774-00-00---ロシアの農民は、1700年代の半ばまでジャガイモを拒否した。
1771-00-00---フランスの軍事化学者が、飢饉の災難を救えると訴えた。
1719-00-00---1600年代中期に、ジャガイモが米国に渡った。
1600-00-00---ジャガイモが、フランスとオーストリアに渡った。
1597-00-00---作者ジョン・ジェラードがジャガイモに関する本を執筆した。
1589-00-00---イギリスの探検家ウォルター・ローリー卿が、ジャガイモをアイルランドに持ってきた。
1588-00-00---ペイン艦隊の船が漂着し、アイルランドにジャガイモが伝わった。
1587-00-00---ジャガイモが、ベルギーとドイツに渡った。
1585-00-00---ジャガイモがスペインから、イタリアとイギリスに渡った。
1565-00-00---探検家ケサダは、金の代わりにジャガイモをスペインに持ち帰った。
1540-00-00---「ペルー年代記」で、世界で始めてジャガイモについて記述した。
1532-00-00---スペイン人の征服者、最初にジャガイモに遭遇。
-0500-00-00---ペルーとチリのインカ古代遺跡で、ジャガイモを育て、食べていた。
-8000-00-00---南米のアンデス山脈に住むインディオがジャガイモの栽培を始めた。