2015-09-17

ついに、「透明マント」開発成功。

未来ファッション

AFPは2015年09月18日に、物体を覆って見えなくする「透明マント」を開発したとの研究結果が、発表されたと報告した。

まだ極小サイズであるが、これまでSFでおなじみだった不可視化技術の現実版に大きく近づく成果だと伝えている。

米国の科学誌サイエンス(Science)に論文を発表した、米国エネルギー省のLBNL(Lawrence Berkeley National Laboratory/ローレンス・バークレー国立研究所)と米国カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の物理学者チームによると、この「不可視化膜」は、顕微鏡でしか見えないほど小さいが、理論上は将来、サイズの拡大が可能になると思われると言っている。

REPORT
An ultrathin invisibility skin cloak for visible light
Xingjie Ni1,*,
Zi Jing Wong1,*,
Michael Mrejen1,
Yuan Wang1,2,
Xiang Zhang1,2,3,†

1NSF Nanoscale Science and Engineering Center (NSEC), University of California, Berkeley, CA 94720, USA.
2Materials Sciences Division, Lawrence Berkeley National Laboratory, Berkeley, CA 94720, USA.
3Department of Physics, King Abdulaziz University, Jeddah 21589, Saudi Arabia.
↵†Corresponding author. E-mail: xiang@berkeley.edu
↵* These authors contributed equally to this work.

Science 18 September 2015:
Vol. 349 no. 6254 pp. 1310-1314
DOI: 10.1126/science.aac9411

不可視化膜は、光の性質を操作して、物体表面での光波の反射の仕方を変え、物体を目で捉えられなくすることで機能する。

論文主執筆者で、LBNLの材料科学研究部門を率いる張翔(Xiang Zhang)は「任意の形状を持つ3次元物体を覆い、可視光で見えなくしたのは、今回が初めてである」と指摘した。

「この極薄の不可視化膜は、被膜のように見える。設計と設置が容易で、肉眼で見える物体を隠すために拡大化できる可能性がある」と続けた。

研究チームは「ナノアンテナ」として知られる金製の微細構造を用いて、厚さ80ナノm(1ナノm=100万分の1mm)の不可視化膜を作製した。生体細胞数個ほどの大きさの3次元物体を覆うことができると言っている。

「不可視化膜の表面は、反射された光波の経路が変えられるように、光の性質を操作した特殊加工がなされており、不可視化膜を作動させると、物体は可視光による探知に対して不可視の状態になった。」と論文は説明している。

だがこの技術には、大きな制約がまだいくつかある。

その1つは、ナノアンテナの配置パターンは、下にある物体によってできる表面の隆起に合致するように正確に設計しなければならないことである。

これは、物体を動かすことができず、もし動かすと不可視性が失われることを意味する。

だが張翔は将来的、この技術の機能を拡大することは可能であるとして、「私には障害は何も見えない」と述べた。

2012-11-13---科学者は、透明マントを現実に実現した。
2012-01-26---すべての角度からの3Dオブジェクトを「覆う」ことを実証した。
2011-11-10---イカとタコから学ぶ、透明人間への道!
2011-03-01---透明人間は、可能か?
2010-03-18---ヨーロッパの化学者が、透明人間の外套を開発!?